保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

2番目の学童保育

5月になり、やっと新しい生活に慣れてきたようです。
4月中の生活といえば、末っ子君は毎週1回はお熱で保育園をお休みしていたし、Oちゃんは学童から帰ってくると夕飯までのちょっとの時間に寝てしまったりしていました。

上の子で初めて学童に入った時は、親子共に、何もかも初めての経験でとーっても疲れました。なにせ、先輩ママさん達から、いろいろ経験談を聞いてはいたのですが、とにかく子ども自身が、新しい環境になかなか慣れなくて、毎日朝は『学校に行きたくない~』と泣いて学校まで送りに行き、『帰りもお迎えに来て~』というので、学童までお迎えに行っていました。

その点、2人目は常にお姉ちゃんも一緒だし、学校や学童の先生やお友達も顔見知りだし、親のほうもでーんと構えているから、”慣れる”という点では本当に楽ちん!
で・す・が・・・・。4月はまた違う悩みというかビックリすることの連続でした~。

まず、入学式が終って学校が始まったとたん、『学童に行っていないお友達と遊びたいから一般で行きたい!』とか、『明日、○○ちゃんの家でみんなで遊ぶ約束をしてきちゃった!』などなど・・・。そんな内容で、お友達やら児童館やらにあたふたと連絡を取り合うのが忙しい4月でした。お姉ちゃんはそんなこと、2年生になる頃まで言わなかったのに・・・・。

さらに、お姉ちゃんがいるから、1年のくせに3年生はお姉ちゃんの真似をして、あだ名や、男の子には呼び捨てでビックリ!お姉ちゃんなんか、学童の指導員の皆さんをあだ名で呼ぶのも抵抗があって呼べなかったくらいなのに・・・。(学童は先生と呼ばずにあだ名のところが多いです。そのギャップに親も少々抵抗がありました。)

お姉ちゃんと一緒に学童を出たはずなのに、ちっともOちゃんだけ帰ってこないと心配したら『○○君と一緒に帰って、そっちの道を廻って帰ってきたの~』って事もありました。(以前は保険の関係があって”通学路で帰ること”と、しつこくいわれたのですが、医療費が小学生まで無料になったので保険は関係なくなり、あまりその指導も言われないようです)

そんな風に、いろいろビックリ事件があるのですが、書ききれません!
このまえ驚いたのは、「最近、Oちゃんの靴下が足りないな・・・。そういえば、洗濯で干した記憶もあまりない・・・。」と思っていた矢先、ランドセルの中を見たら1週間分の靴下がドバーっと出てきてビックリ。学童に行くと、まず靴下を脱いで、それをずっとロッカーに置きっぱなしにしていて溜まってしまったのだそうです・・・・。

というわけで、”はじめての学童保育”とはぜんぜん違う????だらけの4月でした。
その子その子で、親の感じる内容もホントいろいろだと思います。
今年初めて学童の皆さん、たくさんの疑問がありましたら、ぜひ6月15日の保育園・学童保育入ってみたら…交流会 で情報交換してみてください。
[PR]
by hoikuenoya | 2008-05-20 12:16 | 小学校・学童保育