保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

妊婦健診

数ヶ月前に、第3子妊娠の話を書きましたが、おかげさまで経過は順調。妊娠8ヶ月になりました。
さてさて、次女Oちゃんを妊娠していたときお姉ちゃんは2歳。まだ何もわかっていなかったし、保育園も利用していたので、妊婦健診に連れて行くことは一度もなかったように思います。
先日、平日に小学校が休みだった日があり、その日にエコーで子ども達にお腹の中の赤ちゃんを見せることができるチャンスがあったので、姉妹を連れて病院へ行ってきました。

病院というところは人口密度に対してものすごく静かな空間。。。おサルのようなOちゃんを連れて行くとそれはもう目立ってしまうので、あらかじめ”大きな声を出さない” ”走らない” ”登らない” ”ぶら下がらない” ”機械に触らない!”・・・とたくさんのお約束をして出掛けました。

いざ、エコーの検査室へ入ってからの様子は思い出すだけでも笑えます。
今日は20歳代のお兄さんが担当でした。モニター画面に映し出された赤ちゃんの映像をお兄さんが説明してくれる前に、Oちゃんは 『ねえ、赤ちゃん、いま何してるの?』 『赤ちゃんってさ逆立ちして入っているんでしょ?』 『男?女?』  『今、おちんちんみたいのが見えた!!』(←本当かどうか不明。この病院では教えない方針なのでお兄さんはかなり困った様子。)・・・と、弾丸のように喋りまくり&質問攻めにして、お兄さんをタジタジにしていました。(一方、小2のお姉ちゃんは、モニター画面を無言でじっと見つめておりました。)

さらにOちゃんは、私が診察台から降りると、『Oちゃんのお腹の中も見てほしい!』と、お腹を出して診察台に寝転がったので、一同絶句。(言うまでもなく、Oちゃんのお腹の中は見てもらえませんでした~)←場所柄写真撮れずお見せできないのが残念っ

a0101397_11235274.jpgその後、担当医の診察の間は待合室で2人を待たせておきました。とりあえず、待合室からうるさい声が聞こえてはこないので安心していたのですが、診察を済ませて待合室を見ると、写真のような格好でぬりえをしていたOちゃんでした。まったく!しつけがなってませんね・・・。お恥ずかしい。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-10-15 10:57 | 子育て