保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

おてつだい

夏休みもはじまりました。子供におてつだい、頼んでいますか?

中一の長女がいますが、安心してお願いできる年になると部活が忙しくなってしまい、今も何もしていない状態です。中学の家庭科で料理をしたときに、手順などが分からずにちょっと悔しい思いをしたようなので、子供用の料理本を買ってきて「自分でやりたい!」と思う気持ちを待つことにしました。次の日にはハンバーグを作りたいと言い出しましたが、前日がピーマンの肉詰めだったので、次回にということになりました。熱の冷めないうちに、作ってもらわなくちゃ。

長男は今年小学1年生。虫と水鉄砲が大好き。お風呂の中でお湯で遊ぶと天井が水滴だらけでカビになってしまうので、なんとか外でやってもらおうと、残り湯で網戸掃除をしてもらうことにしました。これが、大成功!汚れはちょっとまだらに残っているものの、打ち水効果もあって、その日は涼しい夜を過ごせました。

「おてつだい」というと、いつもの家事を子供へ・・・と考えてしまうけど、子供にとっては遊びだけど少しみんなの役に立つ事にすれば、自由にさせることができます。その中で、子供自身が気づくことがあるかもしれません。大きくなったら「しっかり戦力に!」と秘かに期待しながら、この夏休みは子供たちの興味を引き出すお手伝いをいろいろ実践したいなぁと考えています。
a0101397_12352168.jpg

□これは、ちょっと前に上棟式でまかれた餅を乾燥させて砕いて作ったおかき。細かくするのがちょっと大変だけど、めちゃくちゃ美味しいです。何かを作る過程を見せることも、大事なことだと思います。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-26 12:43 | 子育て