保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

15の涙

a0101397_11525771.jpg
夏が終わりました。えっ? まだ梅雨だって? でもね、この時期野球では、大会敗戦=最上級生の引退で、彼らにとっての夏はもう終わりなのです。
息子の所属する野球チームも先週午前中に敗退、そして午後には新チームが始動し、いよいよ最上級生@母になったので、今まで以上に負担が増える嫌な予感に包まれ……というオバサンの”グチ”はどうでもいいのですが、久しぶりに見ました。少年の美しき”涙”を。

敗戦が決まり、グランウンドに帰ってきた3年生のこれまでの労をねぎらって、一人ひとり胴上げ。それまでこらえてきた敗戦の悔しさ、3年間の苦労が一気にこみあげ、涙する少年たち。そして彼らと過ごした日々、そして別れの時を思いこれまた涙する後輩たち。

とかく”今どきの若者は”なんて言われるけれど、全力投球の青春を送っている少年、少女はまだまだ少なくないのです。彼らが流した涙は、一生懸命一つのことに打ち込んだ人間だけが流すことを許される、人間が流す涙の中でもっとも美しい涙なのです、きっと。

……てな話しを聞くと「うん!うちの子も大きくなったらサッカーや野球やらせる!」と思う人もいるかもしれません。が、しかし!少年たちが流す涙のその前に、親たちがどんだけ汗を流しているか! 15の美しき涙は、流す方も、見る方も、それまでには長き道のりがあるのだよ。まっ、それゆえに美しくもあるのだけれどね!

追伸:Shiikoさ~ん! 裁縫の極意、いつでも伝授できますが、ほら、前にも書いたように私と姉を”裁縫嫌い”に追い込んだ人だから(爆)。人のやる気を”そぐ”能力に関しては、もう天下一品だから、十分お気をつけを!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-05 12:14 | 子育て