保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

習い事

働いていて忙しいから・・・とはいえ、保育園児も年長さんくらいになると習い事をしている子の割合も結構高くなりますね。みんなはいったいどんな習い事をどのくらいしているのかな~とか気になりませんか??
きっかけは『親がこれだけは小さいうちからやらせたい!』と思って始める場合や、兄姉がやっているからなんとなく・・・とか、お友達がはじめたと聞いて・・・とか、子どもがやりたいと言いだして・・・とか、いろいろみたいです。

我が家の場合・・・

長女は、とにかく水が嫌いで、年中さんにもなって毎日の洗髪も苦労するほどだったので、水嫌い克服のためスイミングスクールに入れました。
a0101397_21294969.jpg小学校に入って、学童クラブの父母が立ち上げた地域の一輪車クラブに入りたいと言ったので入部。これはどちらかというと習い事というより、親が手作りのスポーツクラブという感じで親もお当番があったりして結構忙しいです。

一方、次女Oちゃん。
お姉ちゃんのお供で送り迎えに付いて行くうちに、スイミングも一輪車もいつの間にかやっていました。親も、まあ、どうせ一緒に連れて行くんだからいいか~と。
しかし、年の近い姉妹や兄弟で同じスポーツをやると、小さい年齢から始めた下の子の方が上手くなってしまったりしますよね・・・。それを危惧して、他の事がやりたいなら別のものをと思っていたら、お友達が体操教室に入って、一緒に行くことに・・・。
そして、先月から今度は仲良しの友達がガールスカウトに入ると聞き、またそれもやりたくなってしまい、見学に行くうちに結局それもやることに・・・。
どれか始めたら、どれか辞めてほしかったのが本音なのですが(泣)

そんなわけで、姉妹の送り迎えで、休日はなんだか自転車で送り迎えばかりしています。おまけに、迎えに行ったら、そのまま友達の家で遊びたいとか言って、後でもう一度迎えにいく羽目になったり。姉妹で一日8往復とかになってしまった日もあった!
あと1,2年すれば、習い事も自分で行って自分で帰るようになると思うので、あと少しの辛抱だと思っています。
でも、いつも親の用事で連れまわしたり何かと子ども達に無理させてばかりいる我が家にとっては、習い事の送り迎えや練習のお付合いは、唯一”その子だけのために使っている時間”であり、子どもにとってもそう感じるらしく、大切な時間となっています。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-25 21:45 | 子育て