保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

Oちゃん伝説(中2編)3 不登校事件

ピアス事件とスカウト事件の顛末を聞いてほしくて、
長女の保育園時代のママ友と久々にランチして
散々愚痴をきいてもらいました!

ちょっと、スッキリ。

最近、2週間おきにOちゃんが事件を起こすから、またあるかも~
なんて、言っていたところでした。

そしたら、案の定・・・

月曜日の朝に、
「学校行きたくない」と突然言い出しました

理由を聞いても
「S先生がウザイから、顔みたくない」
「(隣の)I中に転校したい」と
めちゃくちゃな言い分で・・・

体の大きい中学生を無理やり学校へ引きずっていくようなことはできないので
「働かざるもの食うべからず!
学生のくせに学校に行かないなら、
お母さんもあなたのためには何もしない」
と、言い放ち、私は仕事へ。

当然、学校から電話かかってきました。

考えられる原因として、先生は
先週、以前行った校外学習(鎌倉)の際に、
お菓子を食べていた子達がいたことが発覚し
その中にOちゃんもいて、指導したとの事。

あんまり相手にせず今日は放っておきましたが、
明日はケロッとして行くのかどうか様子見ます。
もし、続くようなら、スクールカウンセラーさんに相談するとか
別の方法考えます。
・・・ってことで、しばらくは様子見することに。

翌日も、結局、学校行かず。
「運動会(あと5日)まで行かない!」だそうだ。

「先生がウザイとか、そんな事で休んでたら、大人になったらやっていけないよ」
とか
「休んだツケが、受験のときに内申書とか、いろんな形で自分に戻ってくるからね!」
「学校行かずにゴロゴロしてるなら、洗濯干しと皿洗いと掃除機がけと、家事やってもらう!」
「昼間ずっと寝てて、夜中に起きるとかはさせない!眠くなくても電気つけるな!」
などなど、
私の説教も止まらないー

夕方、部活の友達が何人か、手紙などを届けてくれました。

夜になり
「明日は、学校行こうかな・・・」と言い出しました。
(友達の手紙とかLINEとかで、「学校おいでよ」ってみんなが言ってくれたのかな?)

そんなわけで、3日目に
何事もなかったかのように、登校していきました。
[PR]
by hoikuenoya | 2015-06-04 13:39 | 子育て