保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

タグ:katsura ( 36 ) タグの人気記事

良い子って、どんな子?

子育てのことで迷った時にいつも思い出して、心の支えにしている言葉があります。
それは、
「良い子とは、自分が幸せだと思える子」という言葉です。

これは、もと教師で、小学校の校長先生をされていた事もある
という自分の親よりも年上の女性から教えて頂いた言葉です。

「良い子というのは、勉強ができる子でも、スポーツができる子でも
礼儀正しい子でもありません。それらは親が考える良い子の基準です。
本当に良い子というのは、幸せだなと思っている子なんです。
だから、ゲームに熱中したり、マンガを読んだりしていても
その子が幸せであれば、良い子なんです。」
「お母さんたちは、運の良い子に育てなさい。」

この言葉を聞いた時、はっとしました。

当時小学校低学年の長女は、小さい頃から手の掛からない子で
学校の準備も全部自分でやり、勉強も進んでやるまさに
良い子でした。でも、彼女はほんとうに幸せなのかな?

一方、当時3歳くらいだった長男は、とても自己主張が強く
きかん坊で、声もすごく大きいため、あまり連れてあるけない
感じでした。でも、やりたいことを、何があってもやる、という
意志の強さがあり、間違いなく、幸せな子だったと思います。

そうか、彼はすご~く良い子だったんだ!
大変だなんて思っちゃいけないんだ、と思った事を
今でもとても鮮明に覚えています。

その後、長女は友人関係や勉強やその他で
とっても悩み、苦労して、辛い時期を過ごしました。

そんな時でも、この言葉が支えで
「どうしたら、幸せに過ごせるか」という事だけを
考えて、声をかけたり、アドバイスしてきました。

中学にはいって、勉強では少々落ちこぼれ
でも、なんとか励まし、支えてギリギリ入れた本人も
納得の高校生活。それは楽しいものであるはずでしたが、
なぜか、そこへスムーズには入れず、
入学式の次の日から大嫌いになり、毎日大きなため息を
つきながら学校や通う日々・・・。

そんな彼女にとって大事なのは、学校の成績ではなく
もっと広い世界をしること。自分の悩みはあまり
大きくない、ということを分かること。

そう思って、テスト前日に連れ出した先で、
好きな事に出会うことができました。

やりたいこと、目の前の目標が見つかった事で
気持ちも変わり、今は高校やめたいなんて、
何で思ったんだろう、と言うようになりました。

「良い子とは幸せな子」
これは、魔法の言葉です!
[PR]
by hoikuenoya | 2010-07-01 12:20 | 子育て

建築学生の見る社会、教育

千葉県建築学生賞に関わる機会を頂き、
昨日は、その公開審査がありました。

とても力作ぞろいなので、期間はありませんが
機会がありましたら、足をお運びいただければと
思います。

千葉市生涯学習センターにて
22日5時まで
http://chiba-gakushu.jp/

メールやパソコンなど便利になったかわりに
人とのコミュニケーションを取るのが下手に
なったのではないか、とか、面倒な事を
やらなくなったのでは、などと中学の娘を見ていて
思っていたのですが、どんでもない誤解でした!

こういう時代だからこそ、世界で起きている
事を自分の隣で起こっている事としてとらえ、
それに対して自分なりの考えを温め、深め
形に表現する。

そういう力を持った若者が育っている事が
とてもうれしく、また、素直な感性に刺激されました。

今、建築業界はとても厳しい時代ではありますが、
こういう若者が力を発揮できる世の中に
していかないといけない、と感じます。

私が特に、心に残った作品です。
a0101397_1158097.jpg
a0101397_11582127.jpg
a0101397_1159699.jpg
a0101397_11592331.jpg

[PR]
by hoikuenoya | 2009-03-21 12:00 | 子育て

本当に環境にやさしい生活

光熱費の節約・・・ってことじゃなくて、本当に環境に優しい生活をやってみよう、と心から思ったイベントでの知恵をご紹介します。地元の環境系のNPOの方と知り合い、そのNPOが主催の「親子エコクッキング」に夏の終わりに参加しました。食に関わるエネルギーや環境について、実感できるワークショップで、輸入している食品がいかに遠くから運ばれているか、また、ゴミについても処分やリサイクルにどれだけエネルギーとお金がかかっているかを体験する事ができ、「実際に感じる」ことの大事さを身にしみて感じました。

料理については、保温調理を教えてもらいました。お米は事前に30分水につけておき土鍋で10分火にかけます。沸騰してからでなく、火をつけて10分!です。
a0101397_11252029.jpg

テーブルには、毛布かバスタオルの上に新聞紙を数枚づつ90度方向を変えて重ねその上に鍋敷(またはお皿)を準備しておきます。そこに火にかけた土鍋を置いて、対角に包んで30分待ちます。
a0101397_1126247.jpg

これで出来上がり!一度まぜて、また包んでおくと3時間くらいは保温できるのです。
a0101397_11263294.jpg

以前、鍋や土鍋でご飯を炊いた事がありますが、結構鍋にひっついたお米が取れなくて水につけると雑炊ができるほどの量を捨てる事になるので、もったいないなぁと思いやめたことがあります。でも、保温調理なら全くひっつくことなく、上手にご飯が炊けました!キャンプの時も使えそうです。カレーも材料を炒めて水を加え沸騰したらアクをとって、煮込む前にルーを入れてしまいます。それから、新聞紙につつんで保温。30分後にもう一度火にかけて5分ほどで出来上がりです!一つ難といえば、しっかり包んでも多少発熱するので夏場は家族の評判が悪く、また、新聞紙や毛布がちょっと邪魔になる事くらい。予約ができないので、週に2~3回実践しています。

それから、水をきれいにするのに、どのくらいの水が使われるか、というのも水アドバイザーの方に教えてもらいました。これを聞いてから、お米は無洗米、鍋やお皿はボロ布(小さく切って使い捨て)で拭いてから洗うようにしています。この布で拭く、というのがなかなかスゴイ!キッチンペーパなんかより、ずっときれいになって、このまま洗わなくてもいいんじゃないかと思うほどです。油っこい鍋や皿を洗うと、スポンジがすぐにべタベタになっていましたが、そんな事もなくなり、とても快適です。みなさんも是非お試しあれ。
[PR]
by hoikuenoya | 2008-10-02 11:35 | 家事・生活

働くことって大変だね!

今日は中二の娘の職場体験でした。クラスごとにいくつかの職場が割り当てられ、その中から自分で好きな所を選べるのですが、かなりキツイ職場に「当たった」ようです。朝9時から3時まで、ずっと立ちっぱなしで、しっかり働かせてもらいました!

娘が選んだ職場は、お気に入りの洋服やさんが入っているショッピングセンター。そこで仕事すると「割引価格で買えるらしいよ」なんて噂を聞いて選び、男女合わせて4人でお世話になりました。ちょうど隣の中学校の2年生も同じ人数来ていたようで、(あの子たちには負けられない)と闘志?を燃やしていたようです。

大好きな洋服のコーナーに行けると勝手に思っていたのですが、指示されたのは食品コーナーの品出しでした。アルバイトの最初の仕事といえば、定番?私も高校のときに、ちょっとやったことがありました。

娘に感想を聞くと、商品を並べるのは楽しかったようですが、段ボールをつぶしたり、あれやって、これやってと周りの人たちにたくさん指示されて、へとへとになって帰ってきました。「キツかった~」と、足に湿布を貼って帰ってから夕食までダウンしていました。

今日一日で、仕事をする大変さが身にしみて分かったようです。中学生でも一人前に扱ってもらえて、本当に良い経験でした。

欲しいもの、やりたい事がたくさんあって、毎月たくさん消費している娘ですが、お金の大切さも、少しは分かったかなぁ。

そう、普通の従業員だと間違われて、お客さんに「これはどこに売っていますか?」と売場を尋ねられた事もあったようです。その時は、「分かりません」と答えたのですが、後でそれが売っている場所をみつけ(教えてあげたかった)と思ったようです。

我が家に「13歳のハローワーク」という本がありますが、本よりずっと、たくさんの気づきがあって、価値ある一日だった事でしょう。ガンバレ、娘!
[PR]
by hoikuenoya | 2008-07-04 00:56 | 仕事・職場

ベランダガーデンの意外な効果

a0101397_1755067.jpgこの連休、晴天続きかと思えば、急に雨が降ったり寒くなったりで体調をくずしやすい気候でしたが、みなさま如何お過ごしでしたか?
毎年、キャンプに行っていたのですが、仕事が忙しかったのと、どうずらしても渋滞にはまりそうな日程だったので、今年は家でのんびりしました。
a0101397_17543264.jpg
天気の良かった一日は、「ベランダ農園づくり」にチャレンジ。ナス、ゴーヤ、ブルーベリー、シソ、バジル、坊ちゃんかぼちゃ、葉っぱものの寄せ植えを植えました。見ているだけで野菜が食べたくなります。

a0101397_17551622.jpg
これには意外な効果があり、寝起きの悪かったお姉ちゃんが目が覚めるとぱっと起きて水遣りをするようになりました!いつも、起きて15分から20分くらいぼーっとしていたのに。美味しい野菜がたくさん収穫できますように!
[PR]
by hoikuenoya | 2008-05-06 18:06 | 家事・生活

端午の節句

5月5日うまれの長男のお祝いに、夫がこだわって捜したのが伊達政宗の兜です。小さい物ですが、本物と同じ作り方で紙+漆でできているそう。だから、とても軽い。
a0101397_2222488.jpg

飾りもなくてシンプルですが、当時6歳だったお姉ちゃんが「かっこいい!」と感動して何枚も絵を描いていました。たぶん、探せば家のなかにあるはず。

*そう、今日の我が家の晩ごはんは、ナスの豚バラ肉巻きでした。野菜ぎらいの子ども達もなす一本食べられて、とにかく簡単。油をひかないで焼いて、たくさん出てくる油をとってから、しょう油と日本酒とチューブのにんにくを混ぜておいてかけるだけデス!ご飯もたくさん食べられます。
[PR]
by hoikuenoya | 2008-04-25 22:14 | 家事・生活

仕事とPTA委員

来週は、年度はじめの授業参観と懇談会、というところも多いのではないでしょうか?

去年は子どもが中一と小1でしたが、どちらもなかなか役員が決まらず、気の短い性格ゆえ両方で引き受けました。今年は、(去年やったし、何もしなくていいや~)と思っていたら、小1の時の学級長さんからお電話をいただきました。毎年、PTAの希望を事前にアンケートで取るので、その集計をやったところ、二つの委員の希望がないため、当日欠席してもくじ引きで決めますがいいですか?という確認のお電話でした。私は、当日の出欠に△と書いていたので、念のためにご連絡くださったようです。

学級長も希望者がいなくて、やる人がいなければ今年も引き受けるつもりだと言う事を聞いてビックリ!しました。

PTAの委員は、やる前はとても大変そうに思えて、やらなくて済むならやりたくないと私も思っていましたが、やってみると今まで接点のなかったお母さん達と知り合いになれて、学校へ行っても立ち話できるお母さんが増えてうれしいし、学校の様子や地域の情報が入るので、関わる価値は大いにありました。たまたま、私は自営業なので時間の融通が効き、忙しくても夜に仕事をすればフォローできますが、ほとんどの方はお勤めしながら関わっています。

職場の人たちに、「今年はPTAの委員を引き受けました!ご協力よろしくお願いします。」と宣言して、委員の活動があるときは午後から出勤したり、早退したりして、やりくりしているようです。

土日も、平日の疲れで遅くまで寝ていたいけれど、たまには家事を放っておいて、委員のために時間を使うことは、とても大事なことだと思いました。委員のための打合せも、学校でやるだけでなく、ファミレスでランチ+ビール飲みながら、なんて事もあって、メンバーによっては楽しみながらできる事もありました。

やったからと言って、すぐに何かの役に立つわけじゃないですが、6歳違いのきょうだいを育てていると、いろんな立場の人と知り合いになれるってことがどんなに大事なことか分かってきます。

私の住んでいる地域は、公立中学に進む割合がとても高いので、小学校での親のつきあいが中学になってもずっと続きます。そういうつきあいがあったからこそ、子どもが友達関係で悩んでいたり、勉強のことで困ったことがあっても、最善の方法を取ることができたと思っています。

役員決めを怖いと思わないで、とにかく一度やってみましょう!
[PR]
by hoikuenoya | 2008-04-13 12:34 | 仕事・職場

苦手克服!まずはひと山越えました。

中一長女の学年末テストも終わり、結果も全部帰ってきました。
一番苦手だった英語は、やっただけの甲斐があり
「得意になったかも!」と本人も満足そう。

びっくりするほど悪い科目もあったけれど、やれば何とかなるって
事が分かっただけで今回は充分です。

実は、テストの3日前に今まで積み上げた物が一気に吹き飛ぶほどの
大嵐が家の中に吹き荒れました。
自分勝手で生意気な態度が少し前から気になっていたようで、夫が爆発!
「どうせダメだ、目ざわりだから家で勉強するな」なんて言ったのです。

そんな事があっても、乗り越えられました。
精神的にも、強くなったのかな。

そう、重い空気を変えてくれたのは、6歳下の弟なのです。
嵐の吹いた日はずっとハイテンションでゲラゲラ笑いっぱなし。

ひと山越えると、あとは一人でも大丈夫なようです。
出番が無くなってちょっとさびしいけど、離れたところから
見守っていようと思います。
[PR]
by hoikuenoya | 2008-03-07 01:23 | 子育て

●職場での悩みや働き方について、問題解決!

3月8日に職場での悩みや働き方について、話のできる場を
親の会で設けました。当日は、弁護士さんも来て下さるので
一人では解決できなかったことも、解決の道が開けるかも
しれません。
人生経験豊富な先輩ママたちの話もきっと役に立つでしょう。

私も転職を2回した後、いろんな会社でさまざまな働き方を
したので、そんな経験談もお話しできればと思っています。

2度目の転職先が、知人に紹介された法律関係の事務所
だったのですが、就職前と就労条件が全然違ったので
民法上の「契約」の定義を法律の専門家に示して、主張を通す事が
できました。ちょっとした事でも、知っていると知らないとでは
大きな違いです!是非、多くの方の参加をお待ちしております。

--ワーク・ライフ・バランスを求めて--
「子育て支援」制度が次々に打ち出され、政府は「ワーク・ライフ・バランスを推進する」と言っておりますが、長時間勤務を強いるような職場風土や、育児休業や育児短時間制度を利用している人への風当たりが強かったりと、現実の職場では矛盾が…。
そこで働く親として日ごろから感じていることを話し合ったり、情報交換をするフォーラムを企画しました。弁護士さんからもアドバイスをしていただく予定です。お気軽にご参加ください。
【日時】2008年3月8日(土曜日)18時20分~20時30分
【場所】東京ウィメンズプラザ・第一会議室B
(地下鉄表参道から徒歩7分、JR渋谷駅から徒歩12分)
【内容(予定)】職場問題や悩み、アドバイスの交換+弁護士さんのお話・助言
【参加費】500円(会員は無料)
【保育】1人目は1000円、2人目以降500円。
定員があります(先着順)。参加申し込み時に、お子さんの年齢(0歳児は月齢)・ 性別・お名前をお知らせください。
【受付】hoikudesk@eqg.orgまたはファックス03-6416-0721で、お名前(複数の場合は全員)、ご連絡先をお知らせください。取り上げてほしい内容の希望などがあれば、お書き添えください。
[PR]
by hoikuenoya | 2008-02-21 08:00 | 仕事・職場

別人!に生まれ変わった娘。

中一娘の勉強に毎晩つきあって、3週間。
その変化が、ある日突然あらわれました。

期末テストまであと一週間ちょっとですが、やっと自分から
勉強しようという気持ちが生まれ、面白くなってきたようです。

実は、この変化の前日は最悪でした。
テスト範囲が金曜日に出たのに、持って変えるのを忘れ
月曜日になってやっと気づいた。
(こんなにたくさんあるの?できないよ!)って事に。

でも、今までは最初からあきらめていて、前日になっても
全く焦っていなかったから、これはすごい進歩だなぁと思っていました。

「まぁ、できるところまでやればいいよ。」と励ましても、
すごく焦って、イライラしながら勉強している娘。
でも、すごく嫌々。
テレビもパソコンもやらずに、お風呂にも入らないで勉強する娘。
でも、泣きながら。

こんな状態でやっていても、何も身につかないだろうな、と
思いながらも、必死でもがく娘に協力しようと、勉強を教えるつもりが、
つい、けなしてしまった、ダメな母親でした。

その日の夜中に、「勉強がイヤだ~」と、うなされていた娘。
朝聞くと、全く覚えていなかったけれど、そんなに追い詰めるほど
スパルタでやったかな?あと少しで先が見えるのに、応援するの
やめた方がいいのかな、と悩みました。

そして、今日は帰ったら、まずパソコンをやるように言ってあげよう、
なんて考えていました。

でも、娘は何かふっきれたみたいで、すごく明るい表情で帰ってきました。
(やらなきゃしょうがないんだから、やるしかないか!)って、開き直った感じで。

それなら、私も協力するかと「やることリスト」を作成してあげました。
これが、なかなか良かったみたいです。
a0101397_253429.jpg

厚紙にエクセルで作った表を貼り、自分で書き込めるようにしています。
a0101397_271769.jpg

勉強道具は、ファイルボックスにひとまとめにしています。
これを、ダイニングテーブルや仕事場の机の上に持ち運んで、
好きな場所でさっとスタートできます。これも、なかなか便利。

試験前に出された大量の宿題をどんどんこなし、問題集も
サクサク終わらせていく娘。そして、パソコンもテレビもしっかり見る。
これが同じ我が子とは、とても思えない。

そう、ジャニーズ大好きブログ、また始めたらしい。い、いつの間に~。
[PR]
by hoikuenoya | 2008-02-21 02:31 | 子育て