保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

タグ:R ( 33 ) タグの人気記事

来年もよろしくお願いいたします!

a0101397_22114154.jpg
2007年もまもなく暮れようとしていますが、皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか?

私は、まあ普通の年でした(爆)が、この年齢になるとなにか特別な出来事が起こることよりも、何事もなく過ぎてくれることにこそ、幸せを感じます。

でも来年はちょっと期待していますよ! 
まず8月になれば子どもが所属チームを卒団するので、や~~~っと土日に自分の時間がとれます! 
学校の部活が、今同様に親がかりという噂も聞かないではないですが、耳ふさいでますから。今のところ(爆)。

でも周囲には、子どもが卒団したとたんポッカリと時間が空き、やることもなくなって、いわゆる”空きの巣症候群”のようになった人がたくさんいます。だから私も気をつけなくちゃ…… と思ってよく考えたら、私はそもそもそんなに熱心に活動している親じゃないのでまず大丈夫(爆)。

やりたいことはいっぱいあるのですが、気がつけば仕事量を増やしただけ、なんてことにだけはならないように気をつけたいと思います。

保育園を取り巻く環境は、来年ますます厳しくなりそうですね。
個人的には、保育園の時にしっかりお金も人も時間もかけて子どもも親も育てれば、いわゆる”小1プロブレム”も、”モンスターペアレント”の問題も、ずいぶん軽減されると思うのですがね。

どうも行政には”近眼”の人が多すぎるように思う。きちんと視力にあっためがねをかけて、遠くまでしっかりと見通して、計画をたててもらいたいものです。
目先の10円節約するために、将来の100万円を失うような最近の保育行政が来年は軌道修正をしてくれることを祈りつつ…… 皆さま! よいお年をお迎えくださいませ!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-12-31 22:44 | 家事・生活

小さな親切大きなお世話

a0101397_019783.jpg今年のクリスマスイブの夜は、実は宮崎からの帰路で空の上で過ごしました。

私の後ろは2~3歳位の女の子&パパ。かわいい声がときおり聞こえてきます。
空の上はまぶしいほどの満月。時はクリスマスイブ。空の上で別にやることもない私。ビミョ~な”サービス精神”が頭をもたげます。

次の瞬間、飛行機の窓に鼻をぶつけんばかりにくっつけて、後ろの席の女の子にだけ聞こえるようにささやきます。
「あっ! サンタクロースとトナカイが月のところに!」
当然、後ろの席の女の子はザワめきます。でも、これ以上騒ぎを大きくするとパパにも気の毒なのですかさず
「あ~。もう雲に隠れて見えなくなっちゃったよ」
とさっきより少し大きめの声でつぶやく私。

小さな親切大きなお世話、だったかしらん……(爆)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-12-29 00:30 | 家事・生活

予防接種どうする?

今年は異例の早さでインフルエンザの流行が見られ、しかも患者の大部分が10歳以下の子どもなのだとか。
こうなると悩ましいのが「予防接種どうする?」という点です。

テレビでは盛んに「インフルエンザの予防接種はお早めに!」と呼びかけていますが、でも私はここで少し立ち止まってしまうんですよね。
だってそんなに予防接種が有効で必要なら、なぜ学校現場の集団接種が廃止になったの? と思ってしまうから。

現在のインフルエンザワクチンは、いくつかのインフルエンザのウィルスが混ざった「混合ワクチン」だから、何年か連続して打っていればそのうちすべてのウィルスの免疫がつくのだという医師もいる一方、インフルエンザの予防接種は大人や高齢者には有効であっても子どもにはそれほど有効じゃないという医師もいて、専門家の意見が分かれてしまうのだから、素人のこちらとしてはほんと、悩ましい限りです。

そこで我が家では、予防接種をうける、うけないの判断を、以下のような基準で決めています。

・本物に罹った時に、命にかかわる症状が出るものは予防接種で防ぐ
・肩書きに「厚生労働省**委員」の肩書きがある医師は、”御用学者”である場合があるのでその意見には耳を貸さない
・「予防接種慎重派」の医師でも”これだけは”というものは、率先して接種
・治療特効薬のあるものはあえて予防接種で副作用のリスクはとらない

これで今まで予防接種を受けたのは…
・BCG
・ポリオ
・百日咳
・はしか
・ジフテリア
・破傷風
・風疹

で、予防接種をうたずに本物にかかったのは
・水ぼうそう(保育園欠席わずか2日間!)
・おたふく(保育園欠席5日間)

てなところです。結局インフルエンザは我が家では今のところうってないです。今年も迷っているのですが、予防接種をうってから効き目があらわれるまでに2週間かかるし、すでにクラスでインフルエンザ欠席が出ている現状では打っても間に合わないので、たぶん見送り。

でも子どもの体質にもよりますよね。我が家の場合すっごく丈夫なのでかかりにくいし、かかっても乗り越える体力があるので、予防接種は最低限で済んでいるのかも。

ほんと、”三日ばしか”といわれる風疹で3週間学校を休んだ私から生まれた子とは思えん。
なにせ保育園時代、”お呼び出し”がゼロですゼロ! もうこれだけで一生分の親孝行をしてもらっているので、あまり文句、言えないのよね~(爆)。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-12-06 00:05 | 子育て

保育園出身・幼稚園出身

a0101397_0393.jpg
さあ、いよいよ「保育園入園申請」の季節がやってまいりました。
保育園に入れなきゃ職場復帰できませんからね。そりゃもうこっちは必死ですよ。
あ~なんだか思い出しただけでなんだか今でも心臓がドキドキする! ちなみに私は第二希望の園でしたが、正直、結果オーライだったと思っています。

でも入園前っていろいろなことが気になりますよね。
うまくやっていけるのかな、仕事と両立できるのかなといった直近の問題から、幼稚園の子に比べて、小学校に入った後苦労することが多いのでは? なんて遠い(といってもすぐにくるんだけど)将来のことまで、そりゃ悩みは尽きないってもんです。

そんな数々のお悩みの中で、私が声を大にしていいたいのが「保育園出身、幼稚園出身なんて、まったくもって♪そんなの関係ね~」ってこと。
子どもが保育園出身の親としては、ついむきになって「いやいや実は保育園出身者の方が意外としっかりしてて…」なんて言いたいところですが、ほんと、どっちでも関係ないです。これはもう経験からしっかりといえます。

そもそも幼稚園だって園舎も持たずに自然こそが子どもたちの先生とばかりに「青空教室」を実践しているところもあるし、保育園といえども食育なども含めた広い意味での教育熱心な園もありますしね。
もし出身が問われるとすれば、どんな方針のどんな質の施設に就学前に通っていたかであって、幼稚園、保育園というくくりで語ることにはほんと、意味がないと思います。

結局、生活の基本的な部分は、やはり家庭生活で身につけさせるべきものだし、子どもの性格というのも、やはり一番その形成に影響が大きいのはなんといっても家庭環境です。
そういう意味では「どこ出身かを気にする前に、家庭環境を気にしましょう」ということなんですよね。こうして自分で書いていて、相当耳の痛い話しではあるんですが(爆)。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-11-29 00:28 | 子育て

保育園見学の”ツボ”

いつも電車の話しばかりで、Rはちゃんと”母”しているのだろうか? と疑問に思っている方も多い!?かもしれませんので、たまにはちゃんと保育園のこと書きます(爆)。

我が親の会の最大イベント『はじめての保育園』が、12月2日に開催されますが、それに先立ち、今日は「保育園見学のポイント」などを少しご紹介しましょう。(そう。私だって真面目なネタだって書けるんです!)

●見学前には電話を入れるべし。その対応でも園の雰囲気は8割方わかる
●見学時間に「子どもたちの活動時間」を指定してくる園は○。「子どもたちのお昼寝時間」を指定してくる園は要注意!
●見学に行ったら、園のセキュリティーをチェック! 門の施錠の状況などでもわかります
●玄関に入ったら、事務所周りをチェック!「苦情受け付け窓口」などは、しっかり、見やすく掲示されているかを見ましょう!
●オモチャの数と質と”使いこまれ度”をチェック! たまに絵本がすごくあるけれど、子どもたちの手に届かない所に置いてあったり、子どもたちが触った形跡がなく、単なる”お飾り”になっている園も。数や値段にごまかされるな!
●「かみつき」がおこった時の対策をチェック! 保育の姿勢、質がとてもよく表れます
●園庭に子どもたちの歓声がこだましているかチェック!
●BGMをチェック! のべつまくなしに”環境音楽”のようなものが流れている園もあるけれど、あれは意外と子どもたちに耳障り……
……などなど、いろいろ見るべきポイントはあるわけですが、もっと詳しくお聞きになりたい方は、是非、12月2日の「はじめての保育園」にご参加を!

~「はじめての保育園」~
a0101397_075330.jpg【日時】12月2日(日)13:30~16:30
【会場】下北沢・らぷらす(小田急戦下北沢駅南口徒歩5分・小田急バス北沢タウンホール)
【参加費】500円(会員は無料)
【受付】メール、またはTEL&FAX 03-6416-0721 に①お名前(参加する人全員)、②連絡先(電話番号、メールアドレス)、③当日聞きたいことを明記してお申し込みください
詳しくはHPで!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-11-20 00:16 | 保育園

北陸本線の謎

先日、またまた仕事で新潟に行ってきました(何故か今年3回目)。
今回は北陸本線の各駅停車を利用したのですが、なかなかどうして、これが奥が深かったのです!(ちなみに鉄道の仕事をしに行っているわけじゃ~ないのよ)

●改造車現る!
a0101397_2205519.jpgいつものように!? 乗車前に車両を撮影していた時のこと。ファインダーから目を離し、しばし車両を見つめていると、ちょっと気になることが…… そう、普通の車両よりも、なにやら屋根の部分が高く、そして丸いのです。
さらに車両の中に乗りこんでみると、天井を見上げればなにやら異様な突起物がある。
さあ、こうなると私の”学究肌”が黙っちゃいない。すかさず聞きましたよ。車掌さんに 。「これは何?」と。すると車掌さんからは「寝台車の改造車両なんだよ」という意外なお答えが! どうやらこの419系は、583系(3段式寝台)を改造したもので、車内に残っている”突起”は、上段(3段目)の寝台らしいのです。
う~ん。奥が深いぞ北陸本線!

●トンネルに駅!
a0101397_2212077.jpg
さらに北陸本線の謎はまだ続きます。今度はトンネルの中で電車が停車です。不思議に思って窓の外を見ると…… なんとそこは駅! 青函トンネルでもないのになぜトンネルに駅? 何故暗闇で車掌さんが笑ってる? ちなみにこの駅の名前は「筒石駅」で、頸城トンネル内にあります。さすがに仕事だったので途中下車はしませんでしたが(なんせ1時間に1本とかなので)、列車通過時に駅のホームにいると、ものすごい強風にあおられるそうです。
う~ん 果てしなく奥が深いぞ北陸本線!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-11-11 22:15 | 家事・生活

プロパン名人

a0101397_23525058.jpg
今週末は『学園祭』のトップシーズン。うちの息子の学校も例外ではなく、2、3日が文化祭でした。この文化祭には例年、各学年の保護者も食べ物のブースを出すことになります。

今年のうちの学年の担当は『やきそば』。ホールにプロパンガス4台と大型の鉄板を2枚持ち込んで調理します。
”オール電化”が似合いそうな!?セレブな雰囲気を漂わせる方もチラホラいる中、プロパンガスにチャッカマンで火をつけるとなると「キャ~!なんか爆発しそうで怖い~!」なんて黄色い声があちらこちらから上がります。

そんな時です。お手伝いのママの輪の中から、突如腕まくりしながら「プロパンの扱いならまかしとき!」と名乗りを上げたたくましいママが登場…… ってそれ、私のことなんですがね(爆)。なにせこちとら毎週河原の隅でプロパン使って大量に料理を仕上げてますからね。プロパン使って1回に15人前のやきそば作るなんざ朝飯前って話しで。

「手際がいいですね~」って、ほめられましたよ。家事嫌いの私が料理で! この調子だと、明日は雪が降るかもしれないので、お出かけの予定がある人は気を付けた方がいいね、ホント。

でも褒められたのがフレンチでもイタリアンでもなく、”プロパン料理”ってところが、まさにわが家の生活レベルそのままで、思わず泣けてくら~(涙)。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-11-04 00:14 | 小学校・学童保育

心霊写真キター!

a0101397_0183214.jpg
来週は、日本にはどうにもイマイチ根付かない!?ハロウィンがあります。だからというわけでもないのですが、今回は夏も終わったというになんと”心霊写真”のお話。

私の叔母は、実は4年ほど前にガンで他界しております。で、残され家族で今回福島県の大内宿まで旅行に行ったそうです。
帰宅して撮影した写真を現像していると、いとこ(叔母の息子)の頭になにやら白い煙のようなものが写りこんでいたのだとか。
なんだろうなと思い、パソコンに取り込んでその”煙”をアップにしてみたところ…… なんと! 亡くなった叔母の笑顔が写っていたというのです!!!

実はこの叔母に関しましてはほかにも話しがありまして、彼女は生前から「死んだら絶対に婚家のお墓になんて入らない!実家のお墓に入る!」と宣言しておりました(とはいってももちろん、お骨は婚家の墓に埋葬されているわけですが)。
で、ある日、私の姉が叔母の実家(つまり私たち姉妹の祖父母が眠る墓)の墓参りに行った時に、その話をフト思い出し、心の中で「こっちのお墓に来ているなら、音でも出して教えてよ」とつぶやいたそうなんです。
するとそのとたん、風もないのにうちの墓の後ろにある複数の卒塔婆の中の、しかもたった1本だけがカタカタと音を出して揺れたそうで……

まあ、私自身は生まれてこの方幽霊を見たこともないし(心霊写真は1度体験あり)、もちろん霊感もなく、さらには信じる宗教さえ持ち合わせていないわけですが、「誰も見ていなくてもお天道様は見ている」とか「そんなことばかりしていると今にバチがあたる」という感覚は、子どもには持っていて欲しいなという思いはあります。
非化学的だろうと、ささいなことだろうと、それが何かある一線を越えてしまいかねない状況の時に、”心のブレーキ”になることもあるんじゃないかと思えるんですよね。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-10-25 00:35 | 子育て

祝!『鉄道博物館』開館!

a0101397_6563389.jpgえ~親の会ブログで毎度お馴染み鉄道情報でございます。今回のお題は、10月14日に歓喜と怒号と混乱の中!? ついに開館した『鉄道博物館』についてです。

オープニング当日はそりゃまあ大騒ぎ! 前日からの徹夜組はいるわ(限定Suica狙いの人も多かったんでしょうが)、”オジサマの永遠の憧れ”吉永小百合様(鉄子らしい)はテープカットに来ちゃうわ、10時開館なのに11時半には満員札止めで子どもは「入りたいよ~」と泣き叫び、埼玉県警までもが出動し、運良く館内に入れても、アトラクションはいうに及ばず売店から食堂にいたるまですべて人、人、人の大行列! 鉄道ファンの底力を見た思いがしましたね。

お子ちゃまたちにオススメのアトラクションはといえば、やはり運転手気分がタップリと味わえる『ミニ列車』でしょうか。このミニ列車を含め、いくつかのアトラクションは館内での事前予約が必要なのでお忘れなく。

また交通博物館時代はベビーカーの使用もままなりませんでしたが、今回は『キッズスペース』が二箇所もあり、授乳、おむつ替えもバッチリで、鉄道おもちゃで遊ぶこともできます(未就学児とその親限定)。
また、『キッズスペース1』からは、時間指定のあるHOゲージジオラマがいつでも覗けちゃう特典あり。親もタップリ楽しみましょう。

そして意外に人気を集めそうなのが屋上の『パノラマデッキ』。目の前を走る新幹線、ニューシャトル、在来線がたっぷり堪能できます。

そして交通博物館時代は弱かった売店部門も大幅に強化され、オリジナルグッズも充実。特にお菓子類のバリエーションの豊富さは、従来の鉄道関連の博物館には見られなかったものです。

まあ開館直後の大騒ぎも、木枯らしが吹く頃にはおさまってくるでしょうから、それからゆっくりと足を運ばれることをオススメします。
ご来館の際にはSuicaのチャージを忘れずに。Suicaでそのままタッチ&ゴーで入館できるのですが、入館料、結構お高いですから…(涙。ちなみに大人1000円!)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-10-18 07:11 | 家事・生活

言霊の威力

a0101397_7465532.jpg
今、親の会のメーリングリストでは”親の呼び名”の話題が盛り上がっています(興味を持った方は、親の会入会後、ご登録下さいませ。会員の方なら即、登録を!)が、実は私もこの問題について、かれこれ30年位は悩んでいます。

恥ずかしながら、我が家では2二人揃って40代の姉妹が、これまた2人揃って70代の両親を”パパ・ママ”と呼んでいます。
私もね。ちょっと”キモい”かなと思っているわけですよ。実際、中学生の頃にもうお互いいい年だし、”パパ”はねえだろと、”パパ”に進言したのですが、”パパ”が「そのままでいい」と言うもんで、以来ず~っと、そのままになっているわけです。

うちの”パパ”は12月に80歳になるのですが、これが中身も外見(桂歌丸激似。ちなみに上記の写真はうちの”パパ”ではありません)もなかなかに若い。今だにおしゃれにはすごく気を使うし(白髪ボカシのカラーなんてものまでやっている)、パソコン教室に通い、海外旅行もバンバン。
で、ひょっとしてこの若さの秘密の数%は、実は”パパ”と呼ばれていることにあるのでは? と、最近ちょっと勘ぐっているんです。

日本語には古来”言霊信仰”というものがありまして、まあ簡単な話、思いを言葉にすることで実現に向けて一歩近づくパワーになるとでもいったものです。
だから彼は日々「パパ」と呼ばれ続けることによって、実年齢はともかく、精神的には”パパ年齢”と暗示!?をかけられることで、若さを保っているのではないかと、チラッと考えたりしています。

ということで、彼が千の風になるその日まで、私と姉が50、60代になっても、”パパ”は”パパ”と呼ばれ続けることになるのでしょう。
白髪ばあさんがしわくちゃじいさんに向かって”パパ”と言っているのも、なかなかシュールな絵ずらではありますが……(汗)。

ちなみにわが家が”パパ”の呼称に違和感が少なかったのは、アメリカ暮らしが長かったいとこ家が、未だに”ダディー・、マミー”と呼んでいるからではないか(親60代、子30代)という説も一部(といっても私が言っているだけですが)にあります(爆)。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-10-11 08:05 | 家事・生活