保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

締め出し事件再び

本当に書きたかったのは、数年前ではなく先日の締め出し事件。
(ちなみに、数々の伝説のエピソードを残してきたOちゃんは今年6年生。)

土曜日の夕方のことでした。
パパと他の子どもたちは出かけていて、私とOちゃんだけが家にいました。

7時から近所の体育館で、Oちゃんのクラブの練習があるので、早めの夕飯をつくっていたときです。
知人が訪ねてきたあと、玄関先まで見送って、振り向くと、なぜか背後にOちゃん!
なぜか、私について出てきたのはいいけど、その時、玄関の防犯ロックがちょっと手前に出ていた・・・とかで、それを触ったらしいのです。
防犯ロックってこういうやつ→a0101397_12444071.jpg

そして・・・。

玄関ドアは、家が無人なのに内側から施錠されてしまった・・・。
数センチだけ開くけど、絶対に外からは開けられないようにできているから、当然開かない。
今日に限って、どこの窓も開いていない!

玄関前に取り残された私とOちゃんはしばし呆然。

だいぶ色々考えた末、近所の警察署のおまわりさんに、事の成り行きと家に入れなくて困っている旨、相談してみました。

そして・・・

よく事故現場とかでレスキュー隊員がもっている、でっかいペンチのような工具をもっておまわりさんと自宅へ。
数センチだけ開く隙間から、防犯ロックを壊してもらう・・・という結末。

こんなふうに。→a0101397_1248383.jpg



ああ・・・こんなことって起きる?
少なくとも私は聞いたこと無いよ~(涙)

さすがのOちゃんも、めずらしく「ごめんなさい」といい、
今回はちょっとは落ち込んでいる・・・ように見えたのですが。

数分後の会話

Oちゃん:「ねえ、さっきのおまわりさんにお金って払ったの?」

私:「ううん、払ってないよ。だいたい、あれ、本来の仕事じゃないし。善意で助けてくれたの。」

Oちゃん:「えー!タダ? ラッキーじゃない?」

・・・・って。ばかものーっ!(怒)

また1つ、伝説の言葉を残したOちゃんでした。
[PR]
by hoikuenoya | 2013-04-30 17:29 | 家事・生活

締め出し事件

数年前、Oちゃんが起こした、我家の締め出し事件。

事の成り行きはこう

その日は姉妹で行っている習い事がありました。
夕方帰ると、習い事の前に宿題をやっていなかったOちゃんと親子喧嘩。
(このところ、約束を守らずやってない日が続いていたのです)
私は怒って、「宿題やっておきなさい」と言い捨てて、上のお姉ちゃんだけ先に習い事へ送りました。

帰ってきてみると・・・
玄関ドアがちょっとしか開かない!

怖がりのOちゃんは、内側から施錠する防犯用のドアロックをかけて、ふて寝してしまったのです。
ドアの隙間から大声で呼んでも、チャイムを鳴らしても、ぜんぜん起きないらしいOちゃん。

締め出された私は、仕方なく末っ子君とお姉ちゃんの習い事が終るまでそこで待機することにしました。

9時ごろ、お姉ちゃんも連れて帰宅。

まだOちゃんは起きてなくて、お姉ちゃん・末っ子君も一緒に締め出し状態。
どこか窓は開いてないかな・・・とか、大声で呼んでみたり、チャイムを鳴らしてみたりすること30分。
ようやく、寝ぼけまなこのOちゃんが起きてきて、一言。

「うるさいよ。どうしたの?」

0ちゃんのお陰で締め出されて大迷惑だったことを説明するも、本人は寝ていたのでぜんぜん理解していない様子に、どっと疲れが出た母でした。

みなさんも、防犯用のドアロック、かけたまま子どもが寝ちゃうっていうことに、ご注意!
[PR]
by hoikuenoya | 2013-04-16 15:47 | 子育て

祝・卒業

ご入学・ご進級 みなさんおめでとうございます!

短かった春休みも終わり、いつもの慌しい日常生活が
始まったところでしょうか。

子どもたちの体調ももちろんですが
何はともあれ、パパ&ママの体調管理が1番です^^
真っ先に倒れてしまっては、大変ですから・・・

我が家はこの春で、高校3年生・高校1年生・小学4年生になりました。
毎朝のお弁当もとうとう4個、食べ盛りが2人もいるので
お米を炊く量が半端ではございません!7合です(笑)

1番下の娘も学童を卒室、さみしいな~つまらないな~と
春休み中はグズグズしていたものの、いざ学校が始まったら
お昼には必ず 「お弁当食べたら、○○ちゃんちに遊びに行ってくるー!」の
電話が来るようになりました。
おうちのカギもしっかり確認して、登校班では副班長さん♪
はりきって4年生を満喫しているようです^-^

・・・・さてさて、私事ではありますが
子どもたちも大きくなったことですので、スタッフを卒業させていただくことになりました。
18年ほど前、保育園に入れなくて、あらゆる情報を集めていたところで、
知り合った「保育園を考える親の会」・・本当に心の支えでした。
たくさんの勉強をさせていただき、感謝の言葉しか出てきません。

もちろん!これからも会員として、先輩として?!
現役のパパ&ママさんたちの応援をしていこうと思っています。

あまりたくさんの更新はできませんでしたが
スタッフ日記を書くのは楽しみのひとつでした^^
つたないブログを見てくださったみなさん、ありがとうございました^^
これからは現役スタッフさんの日記を拝見させていただく側に回ります。

長い間、本当にありがとうございました!!!!
                              shiiko
                             
[PR]
by hoikuenoya | 2013-04-10 10:00 | 子育て

お通夜のエピソード

もうだいぶ昔、次女Oちゃんのお葬式のエピソードを書いたんですが・・・

先日、奇しくもまた同じ葬儀場にて、親戚のお通夜がありました。

さすがに、この春6年生になるOちゃんは、おとなしく座っていられました。
問題は末っ子君5才です。

お通夜が始まるとき、司会の人が
「去る、3月○○日・・・」
と、話し始めた瞬間、
彼は、「去る」が「サル(猿)」・・・って聞こえちゃったんですね。

「え?サル? サルって何??」
とキョロキョロ。

やばい、また私、笑いのツボにはまりそう・・・

お経、お焼香・・・と、
手に持たせた1台のミニカーで、私の膝の上で走らせるという、
くすぐったい攻撃にも耐え、
あと少し!というところで

司会の方が、
「ご導師を合掌でお見送り下さい」
と言ったとき、

みんなが手を合わせているのに
Oちゃんが
「え? 何の歌を歌うの?」と小声でひと言。

「合掌」を「合唱」だと思っちゃったんですね。
(空気を読めっ!って感じだけど・・・)
卒業式の練習してたからそう思っちゃったのかな??

またも、笑いのツボにはまってしまった。。。


まあ、何事も経験。
大人になってから恥をかくよりは、未就学のうちに、いっぱいやらかしておいてくださいって感じ?
[PR]
by hoikuenoya | 2013-04-02 14:54 | 子育て