保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おしゃべりがオモシロイ

久々に投稿します

末っ子(1歳9ヶ月になった!)は、ただ今、何でも真似しておしゃべりする時期。
だけど、発音がうまくできなくて違う言葉になちゃったりして、それがまたオモシロ可愛くて家族が癒されてます。

色の勉強!?
a0101397_14341159.jpgお姉ちゃん:『あか』
末っ子  :『あかー』
お姉ちゃん:『あお』
末っ子  :『あおー』
お姉ちゃん:『きいろ』
末っ子  :『きーろー』
お姉ちゃん:『みどり』
末っ子  :『・・・・。』 ←いえない言葉は無視
お姉ちゃん:『ピンク』
末っ子  :『ぴっくん』

お散歩にて(連絡帳より)
今日も近くの団地にお散歩に行きました。
やっぱり車が大好きですね。(高台なので上から)車が通るのをながめるのがお気に入りです。
そして、なぜか『ヤッホー』というのですが、『アッホー』になってて、わらっちゃいます。

カエルの歌が好き
「♪ゲゲゲゲゲゲゲゲ、クワッ、 クワッ、 クワ-ッ」 のところだけ歌ってくれますが、
なぜか
『♪じぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇじぇ、あっはっはー』
になってしまうのでした。。。
[PR]
by hoikuenoya | 2009-09-25 14:36 | 子育て

息子と点滴

こんにちわ。多分、初投稿のnaoです。

「新型インフルエンザの対応について」という通達を、学校からも塾からももらっています。
息子の通っている学校ではまだ学級閉鎖とかにはなってないですが、
隣の小学校では学級閉鎖が出ている様子。
息子の通っている塾からは、「マスク持参で」と呼びかけられていて、
息子によるとでは、熱を出して休んでいる子がちらほら出てるよーと聞いていたので、
「学校が大丈夫でも、いつかはかかっちゃうのかしらー」
と思っていたのですが(しかも私の職場では先週くらいに一人、A型インフルエンザが
出たものですから。職場でも本人がインフルエンザにかかった場合は、
季節性であっても熱が下がっても3日は会社に来ないよう、通達が出てます)。

土曜日の朝、息子(小5)が「だるい」といいながら、梨やヨーグルトを食べていました。
でもパジャマ姿ではありましたが、お気に入りのアニメを見ようとしたり、わりと
普通でした。
ところが、数時間もしないうちに、発熱。
おっと久しぶりの38.5度。
一度、近所の内科を受診したのですが、
インフルエンザとは断定はできず(あまり早く検査してもインフルエンザは陰性と出てしまうそうです)、
普通の風邪用の薬を出され、家に戻りました。

そういえば、うちの息子、今年の3月ごろ、腹痛起こして医者に行き、
検査したらインフルエンザ(A型)で、治ったと思ったら、今度はB型だよー、と
言われて・・・。あの時も急に熱を出したんだった、と思い出しておりました。

午後には、38.5度の熱が継続し、はあはあいって、ぐったり。
水分をとらせようにも、おきあがれなくて、寝たままパウチタイプのゼリーを
流し込むのが精一杯。
夜になって、水も飲めない感じになって、こりゃまずいなと思い、
突然の熱でもあったので、インフルエンザを疑いました。
電話した発熱外来センターで紹介された、小児科医のいる救急外来に電話して、
都立病院へ。

ここでやっとインフルエンザの検査をされました。
鼻に長い綿棒をつっこむ例の検査(鼻の奥をなでるだけということですが・・・痛いですよね)、
採血、そして点滴。
点滴中うとうとする息子の横で、1時間ほどぼんやりしてました。

都立病院の救急外来なのですが、診察券を見たら、2年おきに来てることを発見。
おととしも土曜の午後、かかりつけの小児科がやっていない時間にぐったりしちゃって、
しかも夜に来たなあ。
そのまた二年前は、おたふく風邪のあと、謎の腹痛でやっぱり夜にここにきて、
点滴受けて深夜に帰ったっけ。

診察ベッドのわきに立てかけてある、子どもを固定する網がちらっと目に入って、
もしかして、針を刺すときに両親に席を外すように言うのは、
この秘密兵器を使うからなのかなーとふと思ったのでした。

息子が保育園児のときは、採血や点滴の針を刺すのもひと騒動で、
「ご両親は待合室でお待ちください」
といわれて診察室を出ると、息子と医者の会話が聞こえてくる。
息子:「いたいー、やだー、やめてー。」
医者:「はいはい、まだ針刺してないよ。」
(看護婦さん大爆笑)
息子:「ばかー、はなせー、はなせー。」
医者:「はいはい、ばかでもいいから、点滴やらせてね。病気、治らないぞ。」
怒るでもない、かといって、子どもだからって変に子ども扱いしない、
素敵な小児科の先生でした。

今回診ていただいた小児科の先生も、子どもにどこが痛いのかたずねたり、
これからする治療はどんなものなのか説明してくださるとき、
おだやかだけど息子を安心させるような落ち着いた口調で。
診察が終わって、病棟に戻られる先生の後姿に、頭が下がる思いがしました。

今回は点滴も、さすがに小5なので、落ち着いて受けてました(当たり前ですが)。
注射の針の跡が一箇所しかないようだったので、
息子に、
「採血終わったの?」
と聞いたら、
「うん、採血もした。最初、針刺したら、たらーって血が出てきたから、
びっくりしたけど黙ってた。」
冷静にみてたのね。昔に比べれば、ずいぶんと君も進歩したわねえ・・・。

点滴の後は(家に帰って吐いたりはしましたが)、とりあえず翌日には熱も徐々にさがり、
発熱から三日目の今日は学校を休んで(もちろん私も仕事はお休みです)、
かかりつけの小児科に行ったところ、
「今回はお腹に来た風邪のようですね。ということは、インフルエンザ、今後
かかる可能性があるってことですからこれからも気をつけてください。」
といわれました。

できることといったら、まずは、手洗いとうがいですかね・・・。
健康第一ということで、皆様がんばりましょう。
[PR]
by hoikuenoya | 2009-09-07 14:37 | 小学校・学童保育

寝返り、しました!

4月生まれの三女。6月から認証保育所に通っています。
1週間ちがいの3月生まれのK君と、いつも並んでゴロゴロしてます。

先日、満5か月を前にしてK君が寝返りを打ちました。
数日後、わが娘も満5か月を前にして、寝返りを打ちました。

娘は既に8キロのポッチャリムチムチです。
長女も次女も生後7か月まで寝返りできませんでした。
三女もまだまだだろうなぁ~と思っていたのに。。。
隣に寝ているK君と引き合うものがあるようです。
二人でコロンコロン転がって、腹ばいになって顔を合わせて
ニコニコ~と笑い合っているそうな。

来週からは、K君と娘、揃って離乳食の導入です。
[PR]
by hoikuenoya | 2009-09-05 21:44 | 子育て

『新学期スタート!』


a0101397_14585999.jpg


 (ちょっと秋っぽく ↑ 我が家の一部分をご紹介^-^)
 (手のひらサイズのウッド置物です~♪)

**********

やっと今日から新学期スタート!
すでに始まっている地域もあるかと思いますが
我が家はやっと(「やっと」がしつこい^^;)

週末の選挙ではM党がダントツとなり
マニフェストにある子ども手当など気になるし
(基本的には賛成ではない・・)

学校が始まり、新型インフルはどうなる?
(すでに近隣でも部活停止とか出てる)

お弁当生活から開放されたものの(笑)
今日9/1はいろいろと気になることがたくさんです♪

玄関にはワンプッシュの消毒液を配備
うがい薬も完備してのスタート!
季節型インフルを経験しているからか
子ども達がちゃんとやっているのには
母として・・・・う~ん、すばらしい(笑)感動!

その母はつい忘れて、保育園の荷物やら
お買い物袋をさげて、部屋に上がっている始末です・・
ごめんね、ごめんね~~~~~~(苦笑)

スタート1日目!
今日は引取り避難訓練に行って来ました^-^
災害のとき、子ども達はどうしたらいいのか?
今晩にでも再確認したいと思います。
共働き家族にとっては難しい問題でもありますよね。

ともあれ、健康第一^-^♪
行事てんこもりの秋を満喫しましょう^-^♪

[PR]
by hoikuenoya | 2009-09-01 15:06 | 子育て