保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

子ども部屋一考

ただ今、思春期まっしぐらの中学生の娘を持つ母です。

中学になると、勉強は急に難しくなり、好きな人ができたり、友達や
部活の人間関係もちょっと複雑になってきます。

自分が中学生のころは、電話もコードレスじゃないので、友達と
長電話していると、横で母が「まだ、話しているの?」「いい加減にしなさい。」
「もう、1時間経ったわよ!会って話してきなさい!!」等、いろいろ干渉されました。

ところが、携帯メールやパソコンを使うようになると、子どもの友達関係、悩みが
見えにくくなってきます。

わが娘は、何でも話してくれる方ですが、それでも大事なことはなかなか言いません。
でも、様子が変だなぁと思った時は、コッソリ日記や携帯をのぞいて、
なんだこんな事かと安心したり、さらに不安になったり、の繰り返しです。

こういう話を友達にすると、男性は決まって
「信頼して、その辺に置きっぱなしにしているんだから、見るべきでない。いますぐ、その習慣をやめるべし!」
と、言いますが、(何か困ることでも、あったのかも?)

女性の場合はちゃんと目を通している人が多く、
「置いていたら、見るからね、と子どもに話していて、気になる事があれば
『この間、あんなふうに書いていたけど、どうよ』って話す。」
「机に置いていた手紙よんだけど、(折り方が複雑で)戻せなくなっちゃった、と
白状する。」なんて話がでました。

そこで気づいたのは、気になることがあって、ちょっと知りたいと思った
時に、それができるのは、子ども部屋がオープンだから、ということ。

最近になって、自分の部屋で勉強する事も増えたけれど
ほとんどはリビングにいて、寝る場所はいまだに和室。
家族4人で並んで寝ています。

つまり、子ども部屋は、いつ、誰が入っても良い状態なのです。

もし、子ども部屋にベッドやテレビがあって、いつ寝て起きたか
分からない状況だったら、こんな風にできたかなぁ、と思うと
難しいかもしれません。

わが家の場合は、そんなに広くない家なので
必然的にこうなってしまったのですが、男女の子どもがいても
家族なのだから、それぞれの個室を持たせないと
いけないわけではないし、本当に必要になる前に、準備して
おく事もないかなぁと感じています。

むしろ、どうしても必要なもの、欲しいものは親に交渉して
説得しないと手に入らない・・・という方が、いろんな意味で
社会勉強になるのかも、と勝手に納得している今日このごろです。
[PR]
by hoikuenoya | 2009-07-23 22:57 | 家事・生活

☆彡 ♪ゲロゲロゲロゲロ グワッグワッグワッ♪



ダブル「卒・入」を抱える我が家(というか、私^-^)
まだまだ先~~~~~なんてことはなく(笑)
日々打ち合わせに、手配に、バタバタしています。

長袖を着るようになってから。。ではあまりにも
ハードすぎる現実を経験しているので
半袖の今からダッシュ攻勢をかけています。
巻き込まれている保護者様~すみません!

中学生になる予定(笑)の息子くんには
すでに制服予約が殺到中ー!
選択制なのでまだどこへ行くのか相談もしてないのに
「予約だけで結構です、採寸は年明けに^-^」
これも少子化?のせいなのでしょうか?

小学生になる予定(汗)のちびちゃんには
ランドセルのDMが山ほど到着^-^
母としてはぜひ!長年の夢だった「ピンク」を^0^
パパと姉ちゃんは「赤」派・・・。
これはひと悶着ありそうな気配です。。。


そろそろ関東地方~梅雨明けでしょうか?
ちょっと遅いのですが^^;

♪カエルの歌が~聞こえて来るよ~♪

ちびちゃんがピアニカの練習をしているのを聞きながら

a0101397_1155489.jpg


こんな親子カエルを製作しました^-^

14年前、生後5ヶ月の姉ちゃん抱っこして
保育園の門をドキドキしながらくぐったっけ^-^

今じゃ、私を追い越し、上から目線で文句言ってます(苦笑)
もうすぐ息子くん、どっこいの背丈になります。

親が大きくて子が小さくて

なーんて構図が当てはまらなくなりました(笑)
これは私とチビちゃんですね^-^♪


[PR]
by hoikuenoya | 2009-07-14 11:12 | パパ&ママ