保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お月見

a0101397_17185098.jpg今週は、十五夜さんでお月様がまん丸でとてもきれいでした♪みなさんも見ましたか??(写真は火曜の中秋の名月の日のお月様)

次女Oちゃんは、先週のクッキングで気をよくして、さらに保育園でお団子づくりもしたので、『お月見団子つくりたいー』と、また言い出しました。
で、私も先週のクッキングで勢いづいて、ん年ぶりにお月見団子づくりをしました。

a0101397_17285796.jpg今回は、初めて小2のお姉ちゃんと2人だけで、大きな通りを渡っていく大きなスーパーまでお使いに行かせました。白玉粉はたぶん自分達で見つけるのは難しいと思い、紙に書いてわからなかったら店員さんに聞くように言って送り出しました。ちゃんと買って来れてホッ♪

a0101397_17291618.jpg後のお団子作りは、丸めるところまでは学童や保育園でも「やったことがあるから知ってるー」とかなり2人で勝手にやってくれました。が、ほとんど紙粘土状態・・・。
でき上がりはおままごとのお団子みたいにちっちゃいお団子でした。

a0101397_17292680.jpg茹でるところもできるだけ自分でやらせてみました。見てるほうが怖いけど、結構やれば何でもできちゃいますね。





a0101397_17294559.jpg最後に、狭ーいベランダに椅子を出して無理やりお月見。この日は雲が結構多かったのですが、時々雲の切れ間からお月様が顔を出し、そのたびに大きな声でお月様に話しかけたり、歌を歌ったりして近所迷惑なOちゃんなのでした。
ま、近所の皆さんも、満月の夜に子どもの声で『♪しょ、しょ、しょじょ寺~』とか聞こえるのは微笑ましいと思ってくださることでしょう・・・。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-28 17:17 | 子育て

おそるべし、落胆パワー

身近でいろんな事があって、この「落胆パワー」の怖さを身にしみて感じたので、それを極力出さないよう、日々過ごしています。

思っていたように行かない、結果が出なかったとき、どうしてもガッカリして「落胆」してしまいますが、このパワー、遥か遠くにいる人にも伝わって、その人のパワーを奪ってしまうので、すぐに明るい気持ちに切り替える事が大事ですよ~。もちろん、自分に対しても落胆しない事は大事です。

例えば、テストの前の日に、子どもが全然分かっていないと気づいた時、「え、また~。今度もダメだぁ。」と思えば、悪い結果に貢献してしまうので、「気づいたのが前の日で良かった!さあ、30分で何点アップできるかな。」と、一緒に単語の一つでも覚えれば、次の日はバッチリです。

子どもがいじめられても、新しい友達ができるチャンスだと思う。または、勉強にうちこんだり、読書に没頭するチャンスなのかもしれない。

つい最近、まだ半年しか続けていない部活を娘がやめてしまいました。すごくがんばっていたし、親もそれを応援する意味で役員を引き受けて(楽しく)やっていました。でも、友達関係のこじれで「これ以上できない、○○ちゃんの顔も見たくない」と、やめてしまった。

「ええ~、そんな事でやめるの?弱すぎる!」と落胆したものの、本人は(あぁ、すっきりした~)とほっとした様子。あまりにも突然の退部だったので、先生も先輩たちもびっくりでしたが、「いつでも戻っておいで~」と温かい言葉をかけてもらいました。

戻るかどうかは本人次第。それは、私が決めることではないんですよね。

せっかくできた時間なので、今のうちにしっかり勉強すればいいやと頭を切り替える事にしました。今まで忙しすぎて、親子の会話が少なかったことにも気づくこともできました。

そう、強い人はこの「落胆パワー」を跳ね返して、それをバネにできるので、子どもたちがそんな強い人に育てばいいなぁ、と考えています。でも今は、そんなパワーを与えないよう、自分に言い聞かせています。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-27 12:19 | 子育て

語り出したらとまらない!

a0101397_2293637.jpg
SIMさんダメですよ。私がいるのに世田谷線の話題をふっちゃ(^^;; なにせわが家は4年間、世田谷線で通園してたんだから。卒園の日は、車掌さんたちの拍手の中、長い通園生活を終えたのよん(涙)。

写真は旧型の世田谷線80形です。いつも息子が車掌さんの後ろの”かぶりつき”にいたので、私はその隅っこで保育園の連絡帳をセッセと書いていました。園で使う防災ずきんなどにも、印代わりに世田谷線の写真をプリントしたりしていたので、園の中でも「世田谷線のことならR家に聞け!」という雰囲気が漂っていましたっけ。
ある時など、先生がいきなり「み・せ・て!」というので「な・に・を?」と問うと、限定発売の世田谷線の腕時計のことだというではありませんか。
でも、時計はしない主義の私の腕に時計はなし。そこでバックにしまっていた時計をゴソゴソと取り出しながら「なんで持っているってわかったの?」と尋ねると「だってRさん家なら間違いなく持っていると思って~」というお答えが。まあね。持ってますけどね(爆)。

そんなわけでSIM家が訪れた「サイゴン」以外の沿線ガイドをちょいとすると……
・三軒茶屋
キャロットタワー。26階の展望台からは、模型のような世田谷線が見られる
伊勢屋。世田谷線をモチーフにしたオリジナル菓子販売中

・西太子堂
「カナリヤ」という、初めて訪れる人には、絶対発見できない幻の駄菓子屋あり。「初めて行って見つけた」という方は、親の会までご一報を。

・若林
環七との交差。環七の歩道橋からのショットはテレビなどでもおなじみ
三軒茶屋方面に向かう時、運転席の後ろに張り付いていると、一瞬、東京タワーが見られます。これを知っているあなた。かなりの世田谷線好きでしょう
サクラベーカリー(豪徳寺にもあり)。「世田谷線サブレ」あり

・宮の坂
江ノ電でも活躍した、玉電車両の展示あり
東風。駅そばの点心の店。サイゴン同様、世田谷線を眺めながら食事ができる

・下高井戸
駅すぐのイタリアン。ピザ激ウマ!テラスから世田谷線もバッチリ!

・番外編
二子玉川「大勝庵」。市井のそばやさんだけど、なぜか店内に70形の運転席がある。世田谷線好きの君なら、店がヒマそうならおやじさんに語りかけてみよう。話しはつきないはず。
電車とバスの博物館。かわいい風貌で人気を博したけれど、小回りがきかないデザインのために活躍時期が短かった200形、通称”ペコちゃん”の静態保存あり

ヤッ、ヤバイ。今日は全然違うこと書くつもりだったのに、話しだしたらとっ、とまらない……
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-26 22:33 | 子育て

路面電車とベトナム料理

土日週休2日の職場なので、ありがたくも3連休のまんなかの日
ずっと行ってみたかった
東京の世田谷線沿線のベトナム(とその周辺のアジア料理)
のお店まで行ってきました。

行きの井の頭線での息子。
すでに立派な乗り子鉄っちゃん(笑)です。

a0101397_21585683.jpg

そして世田谷線の車中。

a0101397_21594952.jpg

下高井戸から三軒茶屋までの短い路線なんですが
時間がのんびり流れている気がしました。

そして目的のレストラン「亜細亜食堂・サイゴン」

a0101397_221565.jpg

元々エスニックが好きな我が家。
息子もチャーハンで大満足。
思わず食べ過ぎてしまいました(笑)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-23 23:55 | パパ&ママ

クッキング

今は”食育”もさかんに言われているので、保育園も幼児組になるとどこの園でもクッキングをやるのではないでしょうか。
Oちゃんの保育園でも月に1回はクッキングの日があって、何かしらやっています。そして、お便りや給食の献立などに、丁寧に絵入りで作り方とか紹介してくれたりして、”ぜひ、お家でも作ってみてくださいね♪”なんて書いてあったりします。

・・・で、子ども達も、「今度お家でも作りたい~」と言って帰ってきて、一緒に作りたいのは山々なのですが・・・。 「そうだね~、今度のお休みにね~」 ・・・・と言って、大抵そのまま出来ずじまいなのでした。特にお姉ちゃんのときは、絶対に『私も同じようにやりたい!』と言ってきかない妹(Oちゃん)がいたので、私は極力クッキングは避けて来てしまった気がする・・・。

a0101397_1743329.jpg先週、Oちゃんが『保育園で作ったバナナパイをどーしても作りたい』、『今すぐ!作りたい』と連日しつこ~く言うので、平日の忙しい夕飯時にもかかわらず、がんばって一緒に作りました。(というか、油で揚げる以外はほとんど自分でできました。)

a0101397_17465915.jpg春巻きの皮を縦半分に切って短冊状にし、三角に折った中に切ったバナナを入れて油で揚げるだけ。(←この油で揚げるがね~)
バナナは近所の八百屋さんに自分で買いに行かせました。春巻きの皮は子どものおつかいにはちょっと難しいと思ったので一緒にスーパーへ買い物に出直し。
その甲斐あって、すっごくうれしそうに作り、みんなにも好評で、大満足のOちゃんでした。うん、がんばったぞ、私。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-21 17:50 | 子育て

芸術を楽しむ秋

先週は、平日に友達夫婦と、週末には子どもたちを連れてギャラリーに行きました。町の中には無料で入れるギャラリーがたくさんあるので、友達と待ち合わせ、なんてなかなかいいですよ。
まず、大人だけで行ったのは、新宿東口・高野フルーツパーラーのビル4階のコニカミノルタプラザ。知人である石井雅義さんから案内を頂き、友達夫婦と現地で待ち合わせしました。(どちらの夫婦も自営のため、できるワザです。)

「はっぱろくじゅうよん」というタイトルがついていたので、はっぱの写真かな?と思っていたら、カメラを使って撮影したのではなく、スキャナーを使って葉っぱの姿を均質に写し取ったものでした。「ろくじゅうよん」というのは、縦8倍×横8倍=64倍に拡大している、という意味。大人の背丈以上に拡大された葉っぱたちは、気孔とか細かな毛まではっきりと見え、何か物語っているような迫力がありました!これは、生き物好きの子供たちにも見せたかったなぁ・・・。

週末に子どもたちと一緒に見たのは、イラストレーターであるママ友達のマスリラさんのグループ展。こちらは吉祥寺の「にじ画廊」というところでやっていました。ここの楽しみは、作家さんの手作り小物を買えることです。2階のギャラリー内と、1階のお店にも、たくさんの作家さんたちの小物が置かれています。これが、本当に個性的でかわいくて、子どものおこづかいで買える物もあります。女の子二人は、あっちを見たりこっちを見たり、何回も往復して考えに考えて、気に入った1品を買っていました。
a0101397_1474956.jpg

にじ画廊での戦利品です!パッケージも手作りでかわいいので、しばらく出さずに飾っておくつもり。
いずれも、19日で終わってしまいましたが(ゴメンなさい!)すぐに次の展示があると思うので、是非のぞいてみてください。
*石井さんもマスリラさんもHPがあるので、ご興味ある方は検索してみて下さい!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-21 01:55 | 家事・生活

目の中に入れても痛くない

とても可愛く思うことを良く「目の中に入れても痛くない」
って言いますね。
どんなに小さいものでも目の中に入ると痛いけど
それすら我慢できるくらい可愛い、という意味ですが
私、実は大人になるまでその意味が分かりませんでした(笑)
「なんでかなー」と思っていたのです。

それはともかく(^^;)
先日夜に布団でゴロゴロしていた息子
いきなり泣き出しました。聞くと目が痛いと言うのです。
夫と二人で色々見ましたが素人の哀しさ、良くわからず。
夜間診療も区内は終わりの時間で行くとしたら隣の市。

結局息子も我慢できるというのでそのまま寝かせて
翌日朝も違和感があるとの事で
夫婦で緊急対策会議(どっちが連れてくかで)!
その日は比較的余裕のある夫が眼科に連れていってくれました。
まぶたの内側にゴミがあったそうです。
無事取ってそのまま保育園に行きました(^^)

ほんの小さいゴミでも痛いよね、と
タイトルの言葉を思い出した次第です。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-15 17:09 | 子育て

念願の買い物!

a0101397_1049397.jpg何年も前から欲しいな~と思いつつ、買うのを躊躇していたアシスト付き自転車を買いました~!高い買い物ではありましたが、やっぱ最高!楽ですっ!ああ、なんでもっと早く買わなかったのか後悔。これから保育園の送り迎えを自転車でする予定の方はぜひお勧めですっ!

保育園の送り迎えをするのもあと少し・・・とカウントダウン状態だったので躊躇していたのですが、第3子を妊娠したので状況は一変!この夏の猛暑の中、自転車で10分弱の道のり(坂が多いんです!)の送迎は妊婦には過酷でした。(みんなに「自転車は乗らないほうが・・・」といわれるのですが、気まぐれなOちゃんと猛暑の中、長距離を歩くのはもっとつらいの~。)

ここでさらに愚痴を書かせてもらうと、当初、家から徒歩3~4分のところに小規模の公立保育園があって、そこに通っていたんです。それが!あるとき統合され民営化されることに・・・。私が親の会に出会ったのもそんないきさつがあったのですが、おかげで徒歩だと15分以上、自転車でも急な坂を下って登っての10分弱と言う距離のマンモス私立園に通うことになったのでした。・・・ブツブツ・・・。
おかげで2年間は自転車の前と後ろに子どもを乗っけた3人乗りで人力でこいで通ってました。やっぱ、保育園は近いに越したことがないよなぁ・・・・と妊娠してさらに痛感しています。

a0101397_10493111.jpgで、新車になるまでの7年間、まさに”雨の日も風の日も”大活躍してくれた人力の自転車君、お疲れ様でした。何度もパンクしてタイヤも前後共に交換したし、子どもを乗せるカゴもシートも錆びて取り替えたよね。最後の2年はチェーンカバーもバキバキに割れてしまったのをガムテープ張りでがんばったよね。あまりのボロさに、最近では鍵もかけずに放置しても誰も持っていかなかったよね・・・。
・・・・ということで、我が家の家財道具の中で文句なしの一番の功労者、国民栄誉賞ならぬ家族栄誉賞をあげたいくらいだと夫と話しております。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-15 10:58 | 家事・生活

お守り

私の住んでいる地域では中学は二学期制のため、6月に中間テストがあり、9月に期末テストがあります。今日、明日がテストでした。

昨夜は、一緒につきあって勉強した効果があったようで、その科目だけは良い結果だった様子。
a0101397_22422571.jpg

ふと思いついて、手作りのお守りを作ってあげました。いちばん左のが私が作ったもので、後は娘が小学校の時に作り、プレゼントしてくれたものです。

明日の教科は・・・暗記ものが多く、さすがに一日では無理そう。
まぁ、精一杯がんばれ。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-13 22:45 | 子育て

天気といえば…

a0101397_22201053.jpgお天気といえば、この間の台風はすごかった”らしい”ですね。”らしい”と書いたのはですね、私は眠りが深いので、夜中に何がおきててもわからんのですよ(汗)。
写真は台風から3日後の荒川河川”敷”の風景。決して”河川”の風景ではありません。真ん中で水から少し顔を出しているのが、ピッチャーズマウンド。そう。ここは野球のグラウンド”だった”ところです。今はカニとザリガニの養殖場と化しています。子どもたちにザリガニ釣りを体験させたい方、今がチャンスです(爆)。

ところで今日、安倍総理が辞任しましたが、保育園に子どもを通わせている身の方にとっては、一番縁が深いのは「厚生労働大臣」ということになります。
つい先日大臣になったのは、皆さんご存じのMサン。このMサンのモロモロの行動を見ていると、「テレビカメラに写ることは一生懸命やる人(でもテレビカメラに写らない本質部分や地味だけど大切なことについてはなにもわかっちゃいない人)」という印象を私は持っていました。そんな彼の”特性”を逆手にとって、保育問題もワイドショー受けするような問題提起の仕方をすれば、なにかいいことしてくれるかもよん…… と、「つうしん」(親の会の会報)に投稿でもしようかな~なんて思っていたら、政権自体が終わってしまいました(爆)。次の大臣に期待しましょう!(……っと、心にもないことをつぶやいてみました。保育問題に熱心な厚労大臣なんて、あまり聞かないものね)。

話変わってSIMさん。残念! 夏休み最後のイベントは大井町方面ではなく、ちょいと先の品川方面の有料イベント。毎年8月最終週のどこかでやっているのですが、無料イベントと違って参加者の人数が限定されているので、子鉄っちゃんファミリーにはと~~~ってもオススメのイベントです。平日開催というのが、共働きファミリーにはちょいと痛いんだけどね。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-09-12 23:04 | 家事・生活