保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

帰省のお土産

年に1度とはいえ、毎年悩むのが
「帰省のお土産」

まあ、自分の実家ですから、そんなに気を使わなくても
いいのかもしれませんが^^;
なんせ普段は夫婦ふたりきりの生活
そこへ子どもだけでも5人押し寄せるのですから
嫁に行った娘としては、おやつくらい
もしくは1食分くらいはお土産したいと思うのです。

今は便利ですよね~♪
時間のある好きなときにネットを見て
じっくり選んで、配達日を指定して、ネットバンクで振込み^^
自分たちが到着する日には届いているわけです。

でもね、なんとなく寂しい気もするので
実は新幹線のホームで「ひよこのお菓子」を買ってみたりするのです(爆)
わざわざ荷物を増やしてどうする?!
・・・・・駅まで迎えに来るじいちゃんに「はい!お土産!」と
孫から渡してもらうと、なんとも言えない笑顔になったりして。

明日から8月ですね!
半ば強引に有給をいただけることになったので
(だって新幹線の切符買えたんですもん^^)
あと10日ほど・・あとで文句を言われないように
残業でも何でもして、お仕事をこなしましょう♪

そして今年のお土産宅配はこれです↓1Lだそうで、楽しみ^^
a0101397_171306.jpg

[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-31 17:02 | 家事・生活

河原は今日も豪雨だった…

a0101397_22535041.jpg
都心部ではたいして降らなかった雨も、河原ではご覧のとおりのありさま。

ここは川の中でも、たんぼの中でもなく、野球のグランドの中。
二人の少年は、温泉に浸かっているのではありません。雨水に浸かっているのでございます。

「小学校に行ったら、少しはラクになるかしら」とご期待のパパ&ママ。中学生になってもご覧のとおりでございます。子どもたちは、なかなか大人にはなってくれないようです。

そういえば、昨日ケーブルテレビの通販番組で「浸けるだけで汚れが落ちる」という洗剤の半額セールをやっていたのですが、買っている人、いましたよ。私以外にも(爆)。
(その洗剤の”効き目”に関しては、いずれまたお知らせいたします)

さあさあ、ブログなんて書いてないで、洗濯、洗濯と……(涙)。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-29 23:04 | 子育て

ひとりっ子

息子は今のところひとりっ子です。
とりあえず、第二子の予定は今のところありません(苦笑)
もう少し若くて、つわりがもう少し軽かったら
考えたかもしれないですが
それよりも大きな理由は、実は私も夫もひとりっ子であること。
つまり親自身に”きょうだい体験”が無いのです。

おじいちゃん(私の実父)にも
「この子にはいとこがいないんだなぁ」と言われますが
だって仕方ないぢゃん、自分達の子どもが一人なんだし(^^;)

なので、保育園ライフ4年目の今
園で異年令のクラスとの交流があるのがとてもありがたいです。
1歳3ヶ月から延長保育になっているので
そこでは特に異年令の子どもがまざっているので
なんかいい感じです。
そんな中でお迎えに行くたびに息子の成長を感じますねー。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-28 23:39 | 子育て

おてつだい

夏休みもはじまりました。子供におてつだい、頼んでいますか?

中一の長女がいますが、安心してお願いできる年になると部活が忙しくなってしまい、今も何もしていない状態です。中学の家庭科で料理をしたときに、手順などが分からずにちょっと悔しい思いをしたようなので、子供用の料理本を買ってきて「自分でやりたい!」と思う気持ちを待つことにしました。次の日にはハンバーグを作りたいと言い出しましたが、前日がピーマンの肉詰めだったので、次回にということになりました。熱の冷めないうちに、作ってもらわなくちゃ。

長男は今年小学1年生。虫と水鉄砲が大好き。お風呂の中でお湯で遊ぶと天井が水滴だらけでカビになってしまうので、なんとか外でやってもらおうと、残り湯で網戸掃除をしてもらうことにしました。これが、大成功!汚れはちょっとまだらに残っているものの、打ち水効果もあって、その日は涼しい夜を過ごせました。

「おてつだい」というと、いつもの家事を子供へ・・・と考えてしまうけど、子供にとっては遊びだけど少しみんなの役に立つ事にすれば、自由にさせることができます。その中で、子供自身が気づくことがあるかもしれません。大きくなったら「しっかり戦力に!」と秘かに期待しながら、この夏休みは子供たちの興味を引き出すお手伝いをいろいろ実践したいなぁと考えています。
a0101397_12352168.jpg

□これは、ちょっと前に上棟式でまかれた餅を乾燥させて砕いて作ったおかき。細かくするのがちょっと大変だけど、めちゃくちゃ美味しいです。何かを作る過程を見せることも、大事なことだと思います。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-26 12:43 | 子育て

子どもは見ている

a0101397_0292367.jpg
某組織でのお話。いつも人が嫌がる仕事も積極的にこなしてくれるAさん。そしてリーダーシップを発揮して、上手に組織を仕切ってくれるBさん。このお二人が、その組織の中で同じ役職についたんです。

両方ともすこぶるいい人、できる人だけれど、人間にはどうしたって”相性”ってものがありますよね。なんというのかな、片方が凸なら片方は凹の方が収まりがいいし、どんなパワーがあっても、磁石のプラスとプラスは永遠に結合することがないように。だから私は心密かに思ったわけですよ「あの二人、大丈夫かな…」と。そしてそれをポロっと子どもに打ち明けたわけです。

すると息子は即座に「それはうまくいくはずがないね」と言うではありませんか。そして「して、その心は?」と問う母に、こんな例え話をしてくれました。
「だってね、二人が学校で同じクラスにいるとするじゃない。すると必ず”A派”と”B派”を立ち上げて、どちらがクラスの覇権を握るか、周囲の女子仲間を巻きこんで、絶対に派閥抗争をするもの」……だって!

子どもって、見てないようでしっかり見てるな~と、改めて認識。それと、最近とかく難しいと言われる”女子”の人間関係を、保育園~小学校までしっかり肌で感じていたんだな~と実感させられましたね。

さあ、息子の予言通りAさんとBさんはうまくいかないのか。それともそこはなんといっても”大人”、うまくやっていくのか。しばし外野から眺めているとしますか!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-26 00:51 | 子育て

夏休みがやってきた!!!!

共働き家庭にとっては、あまり嬉しくない
「夏休み」
やってきてしまいました!

我が家の小学生チーム、すでに学童も卒所しているので
毎日・毎日、お留守番、そしてお弁当の生活。
今年は少し冒険して(近くにお店が出来た、それもある!)週に何度かは

・コンビニで予算内でお昼ご飯を調達する。
・焼きたてパン屋さんで調達する。
・レンジでチンして自分の食べられる量を把握する。

文字にするとずいぶん偉そうな感じですが^^;つまり
「自分のことは自分で用意してみよう!」

・・・・と、まあ、そんなところなわけです(爆)
ついでに母も3食考えずに済むし・・・お料理苦手・・・ブツブツ・・。

それでも6年生となると、やれクラブの練習だ
学校のプールだ、委員会活動だ、とお弁当持参で
ほとんど学校へ行っているようなものです。
宿題、さっさと終わらせようね^^¥

その下の保育園児、上の子たちの朝からぐうたらしている姿を見て
「かなもお休みする!」と毎朝いじけるのかと思いきや
全くそんなことは言わず

「今日も保育園だよね~♪何しようかな~ルンルン♪」
「今日はお迎え遅くしてね。○○ちゃんと××したいから^^」

まあ!とってもいい子!かなちゃん素敵よっ♪

↑おだてに乗りやすい性格なので、どんどん乗せる母。

そういえば先日、髪の毛をベリーショートにカット!
この間まで伸ばして結わくの~と言ってたのに。

「だって キー先生がプールのお帽子に髪の毛入れようねって!」
「かなは長くて入らないから、もう頭にきちゃうんだもん!」

とりあえず楽しく愚図らずに今のところは登園してまーす!
a0101397_15485843.jpg
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-24 15:50 | 子育て

雨の中のお出かけ

7月15日のイベントでは、雨の中キャンセルもあったものの
おおぜいの方にいらしていただき、楽しく交流できたと思います。

あの雨の中を意を決して(!)
特にお子さん連れでいらしていただいた方、本当におつかれさまでした。

私と夫も、4歳になりたて息子を連れて参加させていただきましたが
午前中割と降っていたので、子どもは雨カッパと傘、
大人は登山用の上着(+夫はリュック用の雨カバーまで)という
重装備で出かけました(笑)
荷物ももちろんビニール袋に入れて持参です。

a0101397_138739.jpg

しかしいざ電車に乗ったら、普通の格好の人たちばかりで
重装備な私たちは妙に浮いておりました(苦笑)

6月のイベントでも雨に降られ、びしょ濡れになったのでした。
もしかして強力な雨男、または雨女が居るのでしょうか?

しかしこの2回の”雨の中のお出かけ体験”で
だいぶ雨の中を出かける度胸はついた気がします。
子どもが自分で歩いて傘もさせる(不器用に、ですが)
年齢になったのもありがたいですねー。

息子本人は、濡れるのが嫌というよりは
傘がさせるのが楽しい、という感覚のようです。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-21 13:05 | 子育て

永遠のお茶当番

a0101397_0455373.jpg15日のイベント、参加者の皆様、あいにくの天気の中駆けつけてくださりありがとうございました。そしてイベント幹事の皆さん、イジワルな天気に最後まで翻弄されつつ、お疲れ様でした。

私はといえば、とっても恥ずかしがり屋さんなので、会場の隅で小さくなっているだけでしたが(誰だ!画面の向こうで笑っているヤツは!)、息子の関係でい~~~つも”お茶当番”をしているせいか、どうも会場にいてもお茶が入ったポットばかりに目がいってしまって。で、せっせと手にぶら下げて歩いていたら「いや~さすがにいつもポットを持ち歩いている人は手慣れているね~」と、お褒めの言葉!?をいただきました。もう嬉しいやら、悲しいやら(涙)。もっと修行して、ポットよりダイヤモントが似合ういい女になって出直してまいりたいと思います……(汗)。

でも私、いっつも思うのですが、親の会のイベントで自己紹介をする時、「いかに入園させるのに苦労したか」とか、「長時間労働との兼ね合いで大変」とか、「子どもの病気で有給使い切った」とか、まあ、みなさんそれはそれは聞くも涙、語るも涙の”武勇伝”をお持ちですよね。

ところが私、妊娠を会社に告げると上司は開口一番「で、復帰は何ヶ月で?」と聞くほどだし、夫の辞書には”専業主婦”という言葉はないし、保育園もすぐ入れたし、子どももすこぶる丈夫。WMならあってしかるべき”武勇伝”が皆無なんですね。(まっ、今流行の”鈍感力”に長けているので、「あっても気付かない」というのが本当のところかもしれないんですけどね)
だから子どもが大きくなっても、先輩WMらしいアドバイスなんかひとつもできないわけですよ。

だから結局、親の会の中で私が皆さんのお役に立てることって…… やっぱり”お茶当番”くらいなんだな~(爆)。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-19 00:47 | 保育園

人とのつながり

15日の青山でのランチは、10年に一度の台風襲来かと心配されましたが、それほど大雨にもならず、公共の交通がストップすることもなく、無事に行うことができました。雨の中、会場まで来て下さったみなさま、ありがとうございました。

パーティには、前代表の黒岩さんもお見えになり、すでにお子さんは25歳になっていることや、会社との交渉の話しなどをお聞きすることができました。働く親としての先輩たちのお話を伺うと、こういう方たちのお陰で、今の制度や環境が整ってきているんだと、しみじみと感じました。

我が家も12年続いた保育園生活がこの3月に終わりましたが、保育園を離れても「保育園を考える親の会」を通して、働く親たちと仲間としてつながっている事が、とても心強い事だと改めて思いました。

パーティでは少し食事をしてから、子供たちは子どもの城へ保育士さんたちと遊びに行き、その間大人たちの歓談の時間でした。あっという間のひとときでしたが、とても貴重な時間でした。個人的には、数年前のイベントでお話した方と久しぶりに再会できた事は、とてもうれしかったし、ブログやMLだけでやりとりしていた人たちと、雑談できて楽しかったです。帰ってきた子供たちは、みんなとっても満足!という顔をしていたので、充実した時間を過ごせた事でしょう。

ただ、悪天候のために来れない方も居たので、親子で参加できるイベントをまた企画したいという声が出ています。企画してみたい!こんな所が良かったよ、という方がいらっしゃれば、是非、声をかけて下さい。一緒にやりましょう!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-18 16:16 | 子育て

お見舞い申し上げます。

台風4号、そして新潟県中越沖地震、
被災地の皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

自然災害とは言え、続いてしまうと本当に心が痛みます。
どうか少しでも早い復興を願うばかりです。

ところで自然災害、特に地震といえば
私自身もおととし帰省していたときに
宮城県沖地震の震度6に遭遇しています。

本当に突然の大きな揺れに、私も子どもたちも
身動きが取れずに、ただじっとしているしかありませんでした。
水槽の水が半分以上も出てしまい(金魚も出ました^^;)
保育園や小学校で訓練している
「地震が着たら机やテーブルの下へもぐれ!」
これは全く動けなくて、できませんでした。
とにかく、歩けない!
部屋の真ん中へ這って行くのが精一杯でした。

TVやラジオで新幹線のストップや被害が報道され
その日に帰宅する予定が帰れなくなり
地震が収まると同時にみどりの窓口に出向きました。
なんとか翌日には在来線も復旧したので
遅れ遅れの新幹線に乗り、8時間近くかけて帰宅しました。

大きな地震があるたびに子どもたちに聞かれます。
「もし保育園や学校にいるときにそうなったらどうするの?!」

・・・・本当は常日ごろからきちんと話しておかなくちゃいけないのですが。

「パパかしいちゃんがお迎えに行くから、それまでは
保育園や学校でじっーと待っててね。
ぜっーたいに行くから、待ってるんだよ」

なんとなく、納得したような、安心したような表情になります^^
普段から状況に合わせて、話し合っておかないといけませんね。

ちょっと暗い話題になりましたが^^;
15日には「保育園を考える親の会」で
「青山でランチ♪」のイベントがありましたー!


あいにく私は参加できませんでしたので
詳しいスタッフのご報告をお待ちくださいね。
あいにくのお天気の中、ご参加くださったみなさん♪
準備から当日お世話くださったスタッフのみなさん♪
本当にお疲れさま&ありがとうございました!

今度はぜひ参加したいでーす^^♪
[PR]
by hoikuenoya | 2007-07-17 13:37 | 家事・生活