保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

電車でのエピソード

電車の話題が続きますね~。我が家はOちゃんがいろいろとやらかしてくれるので、極力遠出は電車を避けてしまいます。次女Oちゃんが3歳か4歳の頃の話です。

それは帰省途中に乗り換えたローカル線でのこと。金曜の夜だったこともあり、車内は帰宅途中の人でそこそこ混んでいました。車内は独特の静けさ。そんな中、Oちゃんがぐずり始めました。車内にOちゃんの鳴き声が響き渡ります。

・・・で、思わず、何かOちゃんの気を引くものはないか?と考えていると、隣に座った若~いお姉さんの指先に光る芸術的なネイルアートを発見。Oちゃんに「見て見て!隣のお姉さんの爪、すごいきれいだよ。」と耳打ちしました。
予想どおり、Oちゃんは泣き止み、しばし、その爪を凝視。しかし、そんな事とは知らないお姉さんが手を見えにくい位置に動かしてしまったのです。

『もっとよく爪見たい!』とヒソヒソ声で言うOちゃん。
何気なく「じゃあ、見せてくださいって言ってみれば?」なんて失言してしまった私。(お姉ちゃんなら、自分じゃ言えないからこの段階で諦めるのですが、相手を間違えました!)
Oちゃん:『お母さんが言って!』
私:「やだよー。」
Oちゃん:『お願い、お母さんが言って!』
私:「やだってば。そんなこと、お母さん恥ずかしいもん。」
・・・の、押し問答をヒソヒソ声で繰り返しておりましたが、とうとうOちゃんはさっきのぐずりよりもっと大きな声で泣き出しました。Oちゃんの好奇心と欲求はもう誰にも止められない状態。あまりの声にみんなの視線が私たち親子に注がれました。(私が泣きたいよ~)

1駅はなだめすかしながらこらえたのですが(帰省先の一駅は長い)、とうとう車内の空気に耐えられなくなった私。
勇気を振り絞って「あのぅ~、すいません~」とお姉さんに声をかけ、「な、何なの??」とビックリ顔のお姉さんに「その、素敵な爪をこの子がよく見たいって言うんですが見せてもらえませんか~」とかなりマヌケなお願いをする羽目に。
そしてお姉さんは、驚きながらも、快くOちゃんに爪を見せてくれたのでした。
お姉さんの手を、ものすごい顔の近くに持っていって『きゃはは、すごーい♪きれい~』とご機嫌のOちゃん。
車内中のさっきまでちょっと鋭い視線を送っていたみんなが、”なんで泣いていたのか”を理解して、一気に温かい(・・・というか失笑に近い??)視線に変わったのでした。

はぁ~、一件落着~。と思ったのも束の間。
恩知らずのOちゃんはヒソヒソ声で、『ねえ、あんなに爪が伸びすぎだと、髪の毛洗えないよ。プールも入れないよ。それに危ないよね。バイキンも入ってお腹痛くなっちゃうんだよね。』なーんて言うんです!
そう、確かに、いつも伸びすぎた爪を切るときに私がブツブツ言ってることです。なので「そ、そうだねぇ・・・。(汗)」と答えるしかない私。(隣の優しいお姉さんに聞こえなかったことを祈る。)

そしてようやく、待ちに待った目的の駅に到着。隣のお姉さんに丁寧にお礼を言ってそそくさと降りたのでした。ああ、恥ずかしかったこと。この一件はお葬式のエピソードに続き一生忘れないと思います。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-29 17:50 | 子育て

ゲゲゲにゲゲゲ!

a0101397_859029.jpg
さてさて今回の”のり鉄情報”は、鳥取県境線を走る『ゲゲゲの鬼太郎』列車。
仕事が終わって飛行機に乗るまでのわずか1時間30分のすき間を縫って、無理矢理乗ってきました。

でも境港の駅周辺は、右も左も鬼太郎ファミリー。妖怪だらけでまさに”ゲゲゲにゲゲゲ!”状態です。まっ、北島ファミリーや橋田壽賀子ファミリーの写真が並べられているよりよっぽど楽しくていいけどね! 皆さんも夏休みの家族旅行にいかが? 妖怪たちに囲まれて、背筋のあたりがいい感じに涼しくなるかも!(爆)

で、ここからが本題。Shiikoさんの裁縫話を読んで、我が家のケースもちょっとご紹介。
私の実母は”裁縫名人”で、若かりし頃の私の洋服は、スーツも含め、すべて彼女のハンドメイド。だから普段着よりスーツの方が安上がりなもんでカジュアル服を持っておらず、育児休業に入った当座は、スーツでベビーカー押してたというほど。

ところが彼女、”人を育てる”のがヘタ!(つまり子育ても…汗)。小さい頃からちょっと針を持っただけで「あ~見てられない!」と取り上げられ、ミシンを使えば「勝手にいじった!」と怒られした結果、私も姉も「針仕事無能人間」に仕立てられました。

でも私、本来そんなに嫌いじゃないんです。その証拠に、母が口だししない編み物は、セーターやカーディガンまで編むことができるんです(チョット自慢)……な~んてことを、息子に話しながら、ユニフォームの背番号付けをしていると、なにやら背後から近づくドス黒い影が……出た!妖怪「みてらんない」! 私の手にあった針と糸は瞬時に取り上げられ、背番号は美しく縫い上がりましたとさ。

ところが、針と糸を取り上げられた私はといえば、試合会場で背番号がちゃんとつけられておらずにとれかけてしまった他人のおぼっちゃまの背番号縫いをチクチクと…… ほら~。だから”やればできる子”なんだってば!(爆)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-28 09:14 | 子育て

ストレス発散の結末ー♪

共働きしていて、子どもがまだ小さくて
なかなか思うように出かけられないし、
職場と自宅と保育園の行き来だけで1日が終わる・・。

なんだか私って?!これでいいわけ?!

みたいに思っていたのですが^^;
このまま歳を重ねて、趣味らしいものもなく^^;
子どもたちの手が離れたら何しようかな?!
そんな漠然とした気持ちもずっーとありました。

そこで!ストレス発散もかねて、いろんなことを
模索しているうちに見つけたのがこれでした。
いまどき流行かもしれませんね~「ハンドメイド」です!

学生の頃は「家庭科」の裁縫は大の苦手で
母親の作ったものを提出していた私ですが(ごめんなさい)
本当は工作とか、自分で何かを作るのが大好き♪
小学校のPTA講習会に思い切って参加して
めぐり合ってしまったのです^^♪

あちこちのショップで販売していましたが
このたび念願のHPを開設しました。
本当に独学で、ちまちま作りましたので、
お見苦しい点はご容赦ください(工事していきますので^^)
ご興味のある方!ぜひ遊びにきてくださいね。

http://petitcasket.web.fc2.com/

これが「ストレス発散」につながっているかどうか
まあ、それは定かではありませんけど・・。
目の前で縫い物やカゴ作りしている母を見て
子どもたちはそれぞれに「これはこうだよね」とか
「今度こんなのもいいんじゃない?」などと
意見を出したりして、会話が弾んでいたりします。

果たしてこのまま老後まで走るのか?!
これからゆっくり考えて行こうと思います^^¥a0101397_956858.jpg
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-26 09:57 | パパ&ママ

電車に乗るのが好き

主にRさーん、新幹線N700系試乗会うらやましいー。
我が家は応募ハガキを出そうとしているうちに
締切過ぎてました(笑)

そしてめったに連続ドラマなんて見ない私達が
毎週楽しみに見ていた「特急田中3号」も
終わってしまいました。あぁ、北斗星いつか乗りたい.....。

ドラマの中でヒロイン達が
「気分転換に電車に乗りに行こうよ!」と伊豆急に乗りに
行くシーンがありましたが、あれいいですねー。
私も電車にただぼーっと乗るのが好きなので気分的に
分かります(笑)電車っていいですよねー。
(朝のラッシュがもうちょっとマシならさらにいいんだが)

a0101397_20225538.jpg

↑オマケの写真は息子が8ヶ月の時(職場復帰直前だったわ)
に八高線デビュー?!した時のもの。
まだつかまり立ちすら出来ない時期のもので
夫が倒れないようにお尻を押さえている訳です(笑)
ちなみに息子の電車デビューは2ヶ月の時に
となり駅までお宮参りの写真撮影をしに行った時に
乗った東西線でしたー。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-24 20:05 | 子育て

努力はキライ

以前にも習い事の話を書きましたが、姉妹で一輪車クラブに入ったら性格の違いがますますよく見えてしまいました~。負けず嫌いなところは共通なのですが・・・。

お姉ちゃんは、一見、勝負にはこだわらないようなフリ(負けてもケロッとしている)をしていますが、実は密かにコツコツ練習してリベンジするタイプ。
一輪車を始めたばかりの頃、思うように乗れなくて、泣きながらも練習し、見ている親の方まで涙ぐんでしまうほどでした。

一方、次女Oちゃん。
ものすごい負けず嫌いなので、最初から勝ち目のない勝負は絶対にしないタイプ。なので、一輪車もしばらくは『こんなの面白くないからやらない!』なーんて言っていました。
でも、数ヶ月前から同年齢のライバルが出現。彼女には負けたくないと思ったのか、練習するようになりました。でも、『誰よりも上手くなりたいけど、練習するのもイヤ!』な人なのです。
a0101397_1394772.jpg上手く出来なくて悔しい時、Oちゃんはふてくされます。(写真参照)
こんな調子なので、練習に付き合うほうも疲れる。だいたい、努力しないで上手くなりたいなんて、長女タイプの私としては、ぜーんぜん理解できませんっ!

でも、立ち直りも早い・・・。(これも理解不可能)
次回練習までには、本人の頭の中では上手に乗れるイメージが湧くらしく、意気揚々と練習へ。そして、また思うように乗れずふてくされ・・・。を繰り返すうちに、最近だいぶ上達しました。
2週間後、地元商店街のお祭りで、クラブの発表があり、オプーニングだけライバルのYちゃんと共にデビューすることになりました。
今は毎日、1人衣装をわざわざ来て、夜の駐車場で気まぐれに練習しております。(3分くらいで『もうやーめた』とか、そんな感じ。)これは地道な努力といえるのだろうか??

こんな調子なのに、いつか、努力家のお姉ちゃんを追い抜いてしまうのではないか??と余計な心配を今からしてしまう親バカな私なのでした。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-22 13:34 | 子育て

虫の季節到来!

待ちに待った虫の季節到来ですね。先週末に、いつものアンデルセン公園に行くと、もうトンボが飛んでいました。暑いのもなんのその。小1の息子は、ずっと網を片手にトンボとりです。中一のお姉ちゃんと私が機織で布をつくっている間、ずっと格闘していました。(実は、お姉ちゃんも虫捕りがすごく上手!母はちっとも上達しませんが)
a0101397_2229388.jpg

しおからトンボ、大しおからトンボ、こしやきトンボ、赤とんぼ、ギンヤンマ、最後にオニヤンマを捕まえた!と思ってよ~く見ると、ちょっと小さめで背中の黒いところがなんとなく緑がかった感じ。家に帰って図鑑で調べてみると、どうやらオオヤマトンボだと分かりました。トンボは、カゴに入れると羽がボロボロになってしまうので、捕まえてじっくり見たらすぐに放してあげます。
昨日は、知人からコクワガタを頂き、またまた大興奮!すぐに、クワガタ用のマット(木屑)とエサと虫かごが出てくるところはサスガです。暗いところに置かないと活動しないので、玄関に置き、何度も懐中電灯を持って見に行っていました。今日もさっそく友だちに自慢している事でしょう。
a0101397_11121547.jpg

我が家には、リアルな虫のおもちゃがたくさん!本物のクワガタがやってくるまで、この虫たちは土を入れた虫かごに入っていました。毎日せっせと霧吹きかけている姿を見て、きっと神様が本物の虫をプレゼントしてくれたのでしょう。右側は、持ち運びにも便利な新書サイズの図鑑です。4歳ごろから愛用していて、一人で何かあれば調べるので、すぐに詳しくなります。大きい図鑑は、育て方を調べたりスケッチするのに使っているようです。虫を捕まえに外国にも行きたいらしい。(一緒にうつっているてんとう虫は、最近プレゼントされた消しゴムクリーナーです。)

弟が虫で大喜びしている傍ら、お姉ちゃんは今日・明日はじめての中間テストです。直前になって、得意だと思っていた数学がさっぱりだと判明し、小学校からやりなおす?と言いたくなりました。子供の学年が6つも違うと、心配ごとも全然違うのでおもしろいです。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-21 11:00 | 子育て

ご存じないとは思いますが…

a0101397_2035539.jpg
まずは業務連絡<おもにSIMさん。一足早く、乗っちゃった~噂の『N700系』。乗り心地は最高! 車にたとえるなら、レクサスの上級グレードの乗り心地。とにかく静かだし、揺れも少ないし。グリーン車の椅子なんて限りなく飛行機のビジネスクラスに近いし。
7月21・22日の『しんかんせんなるほど発見デー』でも、特別展示されますよん!(場所は浜松です)

さて、業務連絡も終わってここからが本題。みんな、なぜ書かない。先週の日曜日は『父の日』だったのに!(爆)
私の場合、この年齢になっても二人の父に「父の日おめでとう」がいえる幸せ者でございまして、日曜日は実父と二人で買い物ついでにちょっとデート。
結局サングラスを買ったんだけど(高かったよ~ 涙)、レンズを入れてもらう間は二人でカフェへ。
父「眼鏡屋さんといい、カフェといい、いいとこ知ってるね~」
私「あの~ たぶんご存知ないとは思いますが~」
父「???」
私「私の高校、この街にあるから、三年間毎日通っていたもんで~」
父「へ~。初耳(笑)」

これほどまでに父が育児に参加しなくても、まあ子どもはそれなりに育つし、父の日も祝ってもらえる… 全国の「父ちゃんが全然育児に参加してくれなくて…」と嘆く母ちゃんたち! ハイ、なんとかなりますって!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-20 20:51 | 家事・生活

保育参観日でしたー!

待ってました! 「保育参観日」

私はこれが大好きなのです^^

なぜかって?!もちろん「試食」があるから(爆)

子どもと一緒に登園して、まずは栄養士さんからのお話を聞きます。
そのあと遊んでいる子どもに混ざって遊び
お部屋に戻ってなにかしらの製作をします^^
今日は「七夕飾り」の親子お魚を製作してきました♪

そして大好きな「試食」メニューは
チンジャオロースと中華風冷奴・・おいしかったですよ^^
毎年これが楽しみで、夫に「行く?」とも聞かずに
カレンダーにも書かずに当日まで知らん顔しています。
(忘れないように気をつけないといけないのですけど)
いつかハンバーグ、から揚げが食べてみたいです!
わがままな要望を毎年出してきます。
・・携帯で撮影するつもりが・・夢中で忘れました!

そのあと懇談会をして、お昼過ぎには解散!
私のように職住保が接近型だと、その足で出勤している方も多く
みなさんダッシュでその場を去るのですが、それもまたおもしろい。

今日はお迎えに行ったらきっと
「なんで帰ったの?!かなも帰りたかった(T_T)」
と泣かれることでしょう・・・。
アイスクリームでも買って、笑顔に変えるしかないですね♪
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-19 15:47 | 保育園

子どものヘアカット(男の子編)

子どもの髪のカット、我が家でも悩みの種です。
ウチは男の子なので、女の子ほど本人のこだわりは無いようですが(笑)
それでも伸びっぱなしは困る、という訳で
時々はカットしなければならないのですが
小さい頃は起きている時は怖がってカットさせてくれなくて
仕方なく朝寝込みを襲って数回に分けてカットしていたのですが
横になった状態でのカットは難しく(あたりまえ)
微妙に斜めになった前髪が保育園で笑いを誘った事もありました。

最近はきちんと言い聞かせればお風呂でカットさせて
くれるようになりましたが、所詮は素人かーちゃんカット(笑)
やはり上手くはカットできません。

という訳で少しずつ「怖くないよ」と説得して
まずは夫のヘアカットに一緒に連れていって
見てもらって床屋というものに慣れてもらって
いずれは床屋デビュー(笑)がいいのかなー?と思っております。

皆さん、どうされているのでしょうね?
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-18 13:53

子どものヘアカット

突然ですが、皆さん、子どものヘアカットってどうしていますか??

a0101397_05483.jpg我が家は、近所の子育て支援施設で月に1度、小学生未満のヘアカットを格安でやってくれる企画があり、時々利用しています。
先月、Oちゃんを説得して、胸くらいまであった髪を肩くらいに切りました。ビデオを見ながらご機嫌♪でカットしたのですが、最後に鏡を見て、本人の予想以上に短かったらしく、1時間以上、号泣!!でした。カットしてくれた独身の若いお姉さんは「ごめんね~」と、とても申し訳なさそうでした。

その2週間後。
暑い日が続き、私とお姉ちゃんもどうしてもカットしたい~!という状況で、休日に行きつけの美容室(その幼児の格安カットをやってくれているお店でもある)に予約を入れると、Oちゃんも連れて行くしかない時間帯にしか予約が取れませんでした。
私:「Oちゃんはこの前切ったばかりだから、今日はおとなしく待っててね」
Oちゃん:『うん、わかったー♪』
と、事前に念押したにもかかわらず・・・。お店に入ったとたん、
『お兄さんにシャンプーしてもらいたい!』と言い出したのです~!
私:「シャンプーするってことは、もう耳が見えちゃうくらい短~く切らないといけないよ!」
Oちゃん:『いいよ~♪短~く切りたいもん!』
私:「え"-??・・・・・・・・・・・・・・・。この前あんなに泣いたくせに、若いお兄さんにシャンプーしてもらいたいからって、そんな理由で今度は切るなんて!ダメダメダメ~絶対ダメ~っ!」

・・・・と言ったものの、こういう場面はOちゃんがいつも一枚上手なのです。
他のお客さんもいる中、『シャンプーがしたい!』と泣き続け、店長さんも「いいよ~、シャンプーしてあげるよ~」なんて言い出して・・・。で、結局、申し訳ないし、「ま、ホントは超ー短くしたかったわけだから、せっかく切る気になっている今、この際切ってしまおうか・・・」と店長さんと話しているうちに私もそんな気分になって・・・。結局、Oちゃんもカットしてもらったのでした・・・・。(それはもう、見違えるようなベリーショートヘアに。)
しかも、店長さんのカットは普通のスタッフさんより1000円お高い、特別料金で。
2週間前も切ったばかりなのでOちゃんのカット代が結局一番高くついてしまったー。(泣)
そして、最初にカットしてくれたお姉さん、ゴメンナサイです。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-06-15 23:28 | 子育て