保育園を考える親の会「スタッフ日記」

oyanokai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

二日間、母が不在となると・・・

この週末は単身で関西に行ってきました。

久し振りに身軽な時間を楽しんできましたが、不在の間、家の中は
どうなっているのか、子供たちはちゃんと学校へ行ったのか
ちょっと不安でした。帰宅すると、それほど家事はたまっていなくて
一安心。

それもそのはず。料理はおろか麦茶も作っていませんでした。

以前、1泊2日で留守にしたときに、カレーなどを作っておいたら
食べたあとそのままでカビが生えていました。
自分の作ったものが腐ったり、いたんで処分することほど悲しい
事はないので、今回は、何も残さず出かけました。

でも、麦茶くらいは作るか買うだろうなぁ、と思っていたら、
子供たちは水でがまんしていた様子。
学校から帰った時の娘の第一声が「あ~、ママが帰って来て
やっとお茶が飲める。」でした。

今まで、私が居ない時は、近所の実家に子供たちを連れて夫は
帰っていたのですが、中学になると土日も部活があるので
そうもいかなかったようです。

部活のときは、朝、自分で弁当+お茶を買って行ったようです。
それから、髪の毛を自分で結ぶのに20分もかかって
朝ごはんを食べれなかった日もあったらしい。

ちょっと大変だったようですが、たまに留守にすると、
自立のために、子供に教えなくちゃいけない
事が見えてきます。

夫はというと、とにかく「疲れた~」ようです。
(いつもの苦労がわかった?)と言いたいところを抑えて、
「ありがとう。ご苦労さま。」とねぎらいました。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-31 23:47 | 家事・生活

○○王子

a0101397_2210483.jpg
え〜業務連絡。SIMさん、先週の大宮工場の一般公開は行かれました? 私は行ってきましたよ〜! もっ、もちろん仕事だってば!
ちなみに6月10日は西武の車両基地公開もあります。以上、「今週の”鉄”情報でした」(爆)。

さて、ここからが本題。
今、ちまたでは二人の王子に注目が集まっています。といってもウィリアム王子でも、ヘンリー王子でも、ありませんよ(あたりまえだ)。そう、「ハンカチ王子」と「ハニカミ王子」です。

実はうちには平日は学校の部活でゴルフをやり、週末は野球小僧に変身して白球を追いかけている少年がおります。つまりだ。一人で「ハンカチ」にも「ハニカミ」にもなれる可能性を秘めているわけ。
こうなると親としては当然考えますよ。「うちの子が○○王子になるなら、なに王子と呼ばれるんだろうか」って。

で、息子を眺めることわずか3秒。答えはすぐにでましたよ。さて、その答えとは… 名付けて「レトロ王子」! えっ? なぜかって? だって顔が「戦前」なんだもん!(爆)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-31 22:18 | 子育て

親子遠足~♪

先週の水曜日5/23に 保育園の親子遠足に行きました。
(我が家の3歳児~これがまた大変・・・)
大型バスに乗ること約1時間・・「ねえ、まだ?!まだなの?!」
おいおい、焦るな、焦るな、もうすぐ着くよ・・・。

「やったー!かしわのは公園だ!」
(「かしわのは」なんて、よく覚えたね>親ばか)

私の保育園では年少さん~年長さんまでが親子遠足に行きます。
年長さんになると、だいぶ「お父さん」の親子が目立ちますね^^
とっーてもいいことです!!!!
うちもお父さん登場!をしたかったのですが・・・
「やだ!ぜっーたいやだ!しいちゃんと行くんだもん!」
に押されて・・・仕事の予定をさっさと組んだ夫です・・・。

総勢100名弱、みんなで体操して、ゲームして
AM11:30からお弁当タイムでした。
その頃にはもう「親」はすでにヘトヘトです(爆)
なぜか私も含め「事務所内のお仕事」関係の方が多く、暑い日差しは大の苦手^^;
木陰でシート敷いて、親は半分ごろごろ状態になり
お茶・お弁当・お菓子この際なんでも勝手に食べてくれーでした。

お昼が終わるとフリータイム約2時間・・・これがまたつらい・・・。
お友達と連れ立って、アスレチックへ。
ハイテンションの3歳児はここまで!
「ねえねえ、暑いよね」「暑いよ~」普段ならとっくにお昼寝なんだよね。
そこで見つけた「茶房」天の助けとはこのこと?!
カキ氷食べてひとまず休憩です。

そうこうしている間に集合時間~♪
バスに乗るとなにやら「ドラえもん」の音楽とともにビデオが・・。
またしても天からの助け??いえいえ、保育士さんからの助けです!
こうなると親子揃って「お昼寝ターイム」
ガーゼのケットを持参していたので、さっさと掛けて
「さあ、寝ましょ^^保育園まで遠いからね^^」
子守唄のビデオを聞きながら、ぐっすり寝かせていただきました!

一番下の末っ子ですけど、末っ子だからこそ
案外「私とふたりの時間」って、ありそうでないんですよね。
親子ともに楽しい思い出ができました。
その後の保育園の行事アンケートに
「春ならイチゴ狩+公園、秋なら芋掘りも行きたいです」
と、書いたのは私でーす!
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-29 11:04 | 保育園

車両工場見学

またまた電車ネタですみません。
こちらはあくまで「保育園を考える親の会」ブログで
「子どもを鉄道好きにする親の会」ブログではありませんので
あしからず(笑)
我が家は一家で電車好きなだけです〜〜〜(汗)
ですので、機会があると電車の車両工場の一般公開に出かけたりします。

↓これは昨年夏にJRの大井町の車両工場の一般公開に出かけた時のもの。

a0101397_93094.jpg

電車の車体を台車(車輪が付いている部分)から外しているものです。
なかなかにダイナミックで、大人が見ても「おぉー」という感じです。
(え?そんなもん興味無いって?まぁまぁ)
うちではこれを『電車のうぃんうぃん』と言っております。
(なんだそりゃ?)

もちろん子ども向けのイベントも盛り沢山。
ミニ電車に乗れたり、運転体験有り、高所作業車体験有り.....。
会場の職員も親切で、帰りは手を振ってニコニコと見送ってくれたりとか。

鉄道に限らず、工場や研究開発施設の年に1度の一般公開は
科学大好きっ子にはお勧めですよー(^^)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-26 08:58 | パパ&ママ

習い事

働いていて忙しいから・・・とはいえ、保育園児も年長さんくらいになると習い事をしている子の割合も結構高くなりますね。みんなはいったいどんな習い事をどのくらいしているのかな~とか気になりませんか??
きっかけは『親がこれだけは小さいうちからやらせたい!』と思って始める場合や、兄姉がやっているからなんとなく・・・とか、お友達がはじめたと聞いて・・・とか、子どもがやりたいと言いだして・・・とか、いろいろみたいです。

我が家の場合・・・

長女は、とにかく水が嫌いで、年中さんにもなって毎日の洗髪も苦労するほどだったので、水嫌い克服のためスイミングスクールに入れました。
a0101397_21294969.jpg小学校に入って、学童クラブの父母が立ち上げた地域の一輪車クラブに入りたいと言ったので入部。これはどちらかというと習い事というより、親が手作りのスポーツクラブという感じで親もお当番があったりして結構忙しいです。

一方、次女Oちゃん。
お姉ちゃんのお供で送り迎えに付いて行くうちに、スイミングも一輪車もいつの間にかやっていました。親も、まあ、どうせ一緒に連れて行くんだからいいか~と。
しかし、年の近い姉妹や兄弟で同じスポーツをやると、小さい年齢から始めた下の子の方が上手くなってしまったりしますよね・・・。それを危惧して、他の事がやりたいなら別のものをと思っていたら、お友達が体操教室に入って、一緒に行くことに・・・。
そして、先月から今度は仲良しの友達がガールスカウトに入ると聞き、またそれもやりたくなってしまい、見学に行くうちに結局それもやることに・・・。
どれか始めたら、どれか辞めてほしかったのが本音なのですが(泣)

そんなわけで、姉妹の送り迎えで、休日はなんだか自転車で送り迎えばかりしています。おまけに、迎えに行ったら、そのまま友達の家で遊びたいとか言って、後でもう一度迎えにいく羽目になったり。姉妹で一日8往復とかになってしまった日もあった!
あと1,2年すれば、習い事も自分で行って自分で帰るようになると思うので、あと少しの辛抱だと思っています。
でも、いつも親の用事で連れまわしたり何かと子ども達に無理させてばかりいる我が家にとっては、習い事の送り迎えや練習のお付合いは、唯一”その子だけのために使っている時間”であり、子どもにとってもそう感じるらしく、大切な時間となっています。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-25 21:45 | 子育て

・自宅内事務所からの独立はいつになるか?

自宅に事務所を開設して早や5年。当時は、早めに保育クラブをやめて、毎日友だちと遊びまくっていた長女もすでに中学生です。今年は、下の子も無事に小学1年生になり、すっかり子どもたちの手が離れました。

子供たちが小さいときは、寝かしつけてから仕事をするとか、仕事の合間?に家事ができるという環境がとても快適でしたが、そろそろ外へ出てもいいかなぁと思うようになりました。

そんな折に、法律関係の仕事をしている知人から「一緒に事務所借りない?」とのお誘いを受けています。彼女にはまだ2歳の娘さんが居るのですが、多重債務やその他で困っている人を助けたいという思いが根底にあるようです。

タイミングとしてはバッチリだけど、家族の理解も必要だし、しばらく悩みそうです。

今週末は、単身で京都に行ってきます!学生の頃にお世話になった先生や、卒業以来会っていない友人や先輩たちに会えそうです。子供たちには、「ずる~い。もう、許さない!」と怒られているので、うれしそうな顔はできませんが、本当は超!楽しみ。24時間×2日間を自分の時間として満喫してきます。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-24 23:21 | 仕事・職場

たまごっち パート2

a0101397_23391257.jpg
ア~ビックリした! shiiko家、本当に4人目ご誕生かと思っちゃいましたよ。そうですか。たまごっちですか。よかった、よかった…(なにが?)

そうそう、たまごっちといえば思い出すのが我が家が通っていた園の保育士さん。たまごっち華やかりし頃、朝の忙しさに駆けずり回る保育士さんたちの胸元がなんだかとても騒がしい。走るたびに、なにかが重そうに揺れているし、ガチャガチャ音までたてている。で、よ~く見てみると、なんと、エプロンのひものところにジャラジャラと複数のだまごっちをぶら下げているではありませんか!

それを見て、正直私、ちょっとあきれてしまいました。いやね「保育中にたまごっちとは不謹慎な!」と言うほど私も”やぼ”じゃないですけれどね、毎日てんやわんやで子どもたち育てて、その上にまだたまごっちまで育てたいんかい! と、保育士の”慈母の心”の深さに、思わずあきれるというか、苦笑してしまうというか…
まっ、この苦笑、子どもたちが泣いても様子みながら放っておくけど、たまごっちが泣くとすぐさま対応している姿に対して、でもあったんですけどね。

そういえば私も昨年一時期、再びたまごっち育ててましたよ。子どもが受験でね、試験が終わるまで待っていなきゃいけないもんでヒマだったから。携帯電話やゲームよりは目立たないかな~なんて…(爆)
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-23 23:54 | 保育園

我が家の4人目誕生です♪

すでに3人のおこちゃまに囲まれているわけですが^^;
新たにもう一人!誕生することになりました♪



・・・4人目は男の子希望・・・ということで





・・・名づけて「ごっちゃん」







・・・そう!「たまごっち」を誕生させました!


思えばこのごっちゃんが我が家に来たのは、かれこれ9年ほど前
2人目の出産で入院していたときに「退屈だろうから」と
当時なかなか手に入れられなかったものを
夫があちこち捜して、もって来てくれたものでした。

でもね、いくら入院中は暇だって言っても
帝王切開で動けない(当時は4日は絶対安静でした)
手には点滴で、目と頭使うにも疲れちゃって・・・。
そのうちに忘れて、お蔵入りになっていたものです。

先日片付けているときに発見して(新品状態でした^^)
子どもたちに発見され、とうとう子育てをするはめになりました。

毎朝「ごっちゃん持った?」
帰宅すると「ごっちゃん元気?」・・・なんじゃそりゃ?!
ピーピー鳴ろうものなら、全部放り投げて相手して、大騒ぎです♪

私はおこちゃまたちの命令に背けず(T_T)
会社にごっちゃん連れて子連れ出勤しています。
早く大きくなあれ~♪a0101397_1025483.jpg
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-22 10:04 | 子育て

父母会の総会がありました

先日、保育園の父母会の総会がありました。
私は昨年度(2歳児クラス)の役員をやらせていただきました。
無事引きつぎも終わってやれやれ、です。

3人の役員で分担して名簿作り、会費集め、個々の行事の企画と準備.....
思ったより色々あり大変な面もありましたが
個々の行事で子ども達がとても喜んでくれていたのが嬉しかったです。

父母会のからむ行事は年4回ありましたが
クラス役員として企画から運営までかかわったのは2回でした。

連絡にはメーリングリストを有効活用しました。
メールアドレスを持っている人は全員ではなかったので
電話連絡も使いましたが。
クラスメーリングリストの他に3人の役員だけのメーリングリストも作りまして
これがとても便利でした。

父母会役員体験。なかなかに勉強になりました。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-19 22:05 | 保育園

トイレの進化

Rさん投げかけの「検便」の方法・・・。確かに、悩ましいですね。考えたことなかった・・・。(そして保育園で検便がなくてよかったとも思いました。)

さてさて、子どものいる生活って、大人だけの生活ではあり得ないことがたくさん起きますね。特にトイレにまつわるネタは尽きません!

我が家では、2年前に社宅から新築の家に引越し、トイレも最新式になりました。今時、ウォシュレットや自動洗浄は標準なのですね~最初は、「おおっ!自動で流れる!」とか、「このボタンを押すと噴水(ウォシュレット)がー!」と感動こそしておりましたが・・・。

●トイレを離れると自動的に洗浄してくれる自動洗浄機能は、我が家の子ども達に”トイレの後は流す”という基本的なことを忘れさせそうになってしまいました。実家やデパートのトイレで流さないんです。・・・で、結局、自動洗浄スイッチをOFFにして手動にしているのでした・・・。

●ウォシュレットは、早速子ども達のおもちゃになりそうでしたが、そこは厳しくこの噴水で遊ばないよう教えました。
・・・しかし、まだ自分でお尻をふけなかったOちゃんのお世話をするときに、かがんだ体勢の私のお尻がいつの間にかウォシュレットのボタンを押してしまって(しかもなぜか最強のボタン!?)、天井までの噴水を吹き上げてしまったこと数回・・・・。

・・・・ってことで、トイレの進化は、おチビのいる我が家にはあんまりメリットなかったのでした・・・。

a0101397_1593163.jpgちなみに、洋式トイレしか知らない子ども達は、公園や小学校に行って和式トイレに苦労するようですね。(写真:オマルも進化!?)
次女Oちゃんは、お姉ちゃんの学校へ連れて行ったとき、お尻をまくるときに勢いあまって、おでこを和式トイレのレバーにゴチンとぶつけ、見事なタンコブを作りました。おでこを押さえて大泣きしながら、肝心なオシッコはトンチンカンな方向へ・・・・!!あまりの出来事に、思わず笑ってしまい、その後は後始末に泣きました。
[PR]
by hoikuenoya | 2007-05-18 15:24 | 子育て